海外旅行保険を格安で加入!WEB申込なら保険料ほぼ半額


出発前に要確認!必ず加入しておきたい海外旅行保険

 

 

海外旅行中は国内で生活するよりも病気やトラブルになる確立が高いです。

現地で高額治療を受けることになっても当然のことながら日本の健康保険は使えないし、

多くの国で日本人は「金持ち」と思われているので、強盗やスリなどに狙われやすいです。

海外旅行保険は「もしものとき」のために加入しておきましょう。

 

適用範囲は保険内容によっても変わってきますが、

死亡、病気、ケガ、事故、盗難、紛失、破損、救援者費用、賠償責任、飛行機遅延、手荷物遅延などが保証されます。

海外旅行保険が自動付帯で年会費無料クレカ/JCB EIT 】

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

 

 

インターネット予約は「店頭申込の約半額」

 

「旅行代理店」でツアーと同時に申し込んだり、

出発間際に「空港カウンター」で申し込むのも良いですが、

プランも限定されているし、定価に近い価格のため、あまりオススメ出来ません。

 

「インターネット申し込み」はオンラインでいつでも申し込め、

旅行会社や空港カウンターでの申し込みの平均して

約半額ほどの保険料で申込めるがのが最大の利点です。

安い理由は「無店舗・人件費なし」だからです。保証内容や事故対応は変わりません。

 

 

三井住友海上の海外旅行保険がオススメ

 

夫婦でフランスへ12日間の旅程の場合、

三井住友海上の海外旅行保険をインターネット予約すると店頭より約48%安くなります。

 

三井住友海上海外旅行保険比較

 

三井住友海上の「ネットde保険@とらべる」をオススメ理由

 

  • 店頭の約半額で加入出来る
  • 保険業界最大手
  • リピーター割引でさらに安い
  • 緊急歯科治療費用補償
  • ペットホテル利用の方はさらに嬉しい

 

定期的に海外に行く人にとってはリピーター割引(5%)がありますし、

通常,、海外旅行保険では歯が痛くなっても保険適用ができないのですが、

万が一そういうことがあっても緊急歯科治療費用補償というのがあり補償してくれます。

また僅かな掛金で航空遅延の際に発生するペットのホテル代金も保障してくれるので、

ペットをホテルに預けている方は特約をつけると良いでしょう。

 

ただし、インターネット予約の支払い方法はクレジットカードのみに限定されているのが難点です。

カードを持っていない人は別に作るか、空港カウンターでフリープランで必要なものに加入すると良いでしょう。

 

 

賢者はクレジットカードに付帯している旅行保険を検討しよう

 

クレジットカードに付帯している旅行保険。

旅行保険が自動付帯しているカードなら、手続きなしで持っているだけでOK。

一枚だけでは不安ですが、死亡補償以外の補償金額は合算されるため複数枚所有されることをおすすめします。

 

海外旅行保険が自動付帯で年会費無料クレカ/JCB EIT 】

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

 

 

注目記事

▼旅好最強カード▼