エクスペディアが10%off

海外ホテル&海外ツアー世界最安のエクスペディア。さらにお得に予約する方法!
>>>エクスペディア(Expedia)完全ガイド

日本最安!外貨両替ガイド

手数料93%オフ!? 意外に知られていない最もお得な両替方法!
>>>どこりよりもお得に両替する

海外旅行保険が無料!?

持っているだけで海外旅行保険が自動付帯する無料のカードはコレ!
>>>旅行の度に数千円お得

海外旅行”超便利グッズ”

海外旅行に役立つ&持っていきたい「あったら便利」なツールが勢ぞろい!
>>>便利なモノ、集めました

‘海外航空券’に関する記事一覧

イーツアー(E-tour)完全ガイド!24時間オンラインで空席予約可能!

海外航空券をスムーズに予約する!

 

e-tourair海外格安航空券を予約するときに、

  • 回答に時間がかかり、空席をすぐに確認できない!
  • 安く見つけたのに満席だった!
  • あとどれくらい席数があるのか知りたい!

といったサイトに出会うこともしばしば・・・。

そんな方にお勧めしたいのが、イーツアーの24時間オンラインでの空席確認と予約です!

 

続きを読む

エクスペディア完全ガイド!クーポンとセールを徹底活用

最強のホテルサイトを”さらに賢く”利用する!

 

マイクロソフトから独立した世界利用者数No1のオンライン旅行会社”エクスペディア”。

価格面だけではなく、サポートや価格保証なども充実していて、

海外旅行初心者でも安心して利用できる旅行サイトです。

ただでさえ、最安価格帯を提示しているエクスペディアですが、

クーポンやセールを徹底活用することで、驚くべき値段で予約できることがあります。

これを読んでさらにお得に海外旅行にでかけましょう!
 
続きを読む

海外格安航空券一括比較や空席紹介ができる予約サイト!LCC対応

24時間空席紹介&予約が出来るサイトが便利

 

航空券が予約出来るのは各航空会社のホームページや、航空券を扱う旅行代理店、比較が出来るサイトなど、

かなりの数があり、どこで取得して良いか迷ってしまうことでしょう。

そこでトラベラーズナビ、オススメの航空券予約サイトを紹介します。

 

航空券は「運賃」とは別に「燃油代」、空港税や手配費用などの「税金・手数料」が別途必要がかかる場合が殆どです。

運賃を安く表示し、その他費用をあとで「総額表示する」サイトもあるため、これら費用の「総額」で判断するようにしましょう。

 

 

「エクスペディア」が「安く」「分かりやすい」

expediaair

Expedia

  • 総額表示されるため分かりやすい
  • 空席有りだけを高速検索
  • ホテルとセットで取るとさらに安い

エクスペディアは総額表示で分かりやすく、航空券単体でも格安です。

「ホテル」も一緒に取るなら多くの場合で「最安値」になるでしょう。

私はさらにアメックスのカードを持っているため、

エクスペディアでホテルを予約すると8%の優遇を受けることが出来るため重宝しています。

 

 

 

手配力が自慢の「イーツアー」

etour

 イーツアー

  • 格安航空券は約20,000件と日本最大級の豊富さと手配力!
  • オンラインでいつでも24時間空席照会&スケジュール確認と予約が出来る
  • 営業日なら、出発日前日の15時まで手配可能!
  • ポイントも貯まり、Gポイントにも交換可能

海外航空券を探すなら、イーツアーを訪れるのが良いでしょう。

取扱数が豊富なので航空券が見つかりやすく、予約までの手続きもシンプル。

24時間オンラインで空席紹介&予約が可能であることが最大の魅力。

 

 

膨大な量から比較するならリクルート運営の「AB-ROAD」

abroadtop

ABロード

  • 165社の窓口、約28,000件の取扱量(HISなども提携)
  • リクルートの運営

「じゃらん」でお馴染み「リクルート」が運営する海外ツアー・航空券比較サイト。

イーツアーで好みの航空券が見つからない場合、検索してみると良いでしょう。

 

 

 

LCCを探すなら「スカイスキャナー」

skyscanner

スカイスキャナー

  • LCC含む、世界のほぼ全区間の航空券を一括検索可能
  • 諸税等を含めた総額が表示される
  • 実際の予約は英語であったり、ユーロ建て決済になる場合もある

LCCの航空券を探す場合や渡航先での航空券予約に威力を発揮するサイト。

旅行会社代理店とも提携しており、格安航空券が見つかる場合も。

実際の購入になると、リンク先で英語のサイトで予約が必要だったり、

英語が全くダメな人には少々使い辛いかもしれない。

 

 

LCC(格安航空)とレガシー(従来型大手航空)の違い

レガシーキャリアとLCCを比較を分かりやすく解説!

 

近年LCCの導入によって、高速バスのような運賃で海外へ行けるようにりました。

日本から韓国へ往復約1万円、香港へ往復約2万円と東京~大阪間の新幹線よりも安く行けるのです。

では、レガシーとLCCはどう違うのでしょうか。どちらを選べばいいのでしょうか。

 

レガシーキャリアとLCCの比較表

 

LCC レガシー
運賃 ○ 格安 △ 安い~高い
片道での発券 ○ 安い × 高くなることが多い
滞在日数等の制限 ○ 制限がない △ 制限がある場合も
機内食/毛布/映画等 × 有料 ○ 無料
預託手荷物 × 有料/厳しい ○ 無料/規定以上は有料
座席指定 × 有料 ○ 無料/チェックイン順
シートピッチ △ 少し狭い ○ 普通
遅延割合 △ 確率が高め ○ 普通
機材トラブル時の補償 × 自社便へ振替/返金のみ ○ 他社便振替/ホテル手配等有
乗り場 △ 遠め ○ 普通
マイレージ △ 多くの場合、貯まらない ○ 多くの場合、貯まる

 

 

LCCは徹底したコスト削減をしているから安い!

 

LCCが優れている点は「価格」と「片道でも安く取れる」という点でしょう。

それ以外は価格だけのことあって、レガシーが優れています。

 

LCCの運賃が安い理由はあらゆるものを簡素化かつ効率化しているからです。

映画などの機内設備を簡素化し、座席間を狭くし沢山の人が乗れるようにしたり、

機内食や毛布なども有料サービスにし、ネット中心の予約で人件費を削減しています。

また「遅延が生じやすい」と言われる主な理由は、フライトスケジュールがタイトなため、

駐機時間がレガシーキャリアに比べて短いためです。

 

 

旅の目的や予算に合わせて選ぶのが吉!

 

結局のところ、個人の旅の目的によって選択肢は変わってきます。

LCCは「希望する時間帯のフライト」があって、「直行便」であり「短いフライト区間」であれば利用をお勧めです。

また航空運賃を抑えたい人や、周遊をしたい人に向いているでしょう。

 

レガシーキャリアは予算に余裕がある人、仕事で遅延する確立が少ないほうが良かったり、

フライト変更が可能な航空券が良い場合、また長距離路線でマイレージを貯めたいといった場合にお勧めです。

 

>>>格安航空券予約サイトランキングはこちら