‘海外旅行で役に立つ豆知識’に関する記事一覧

チップの基礎知識!チップの渡し方のコツや世界各国相場一覧

チップの相場や考え方を知って上手に使おう

 

日本はチップの「習慣」がないため、慣れるまでは戸惑ってしまうと思います。

チップとは「習慣」であって「絶対払わないといけない」というものでもありません。

チップを理解すれば難しいものではありませんよ。

 

アメリカなどの主要国チップの相場一覧表

 

ホテル レストラン タクシー
アメリカ・ハワイ・グアム等
カナダ
ポーターなどに1~2$ 料金の15~20%
(サービス料込み場合は10%程)
料金の10%
イギリス ポーターなどに1ポンド程度 料金の15~20%
(サービス料込の場合は不要)
料金の10%
フランス ポーターなどに1ユーロ お釣りの小銭を渡す。
高級レストランでは5~10%
料金の10%
ドイツ ポーターなどに1ユーロ 料金の5~10% 料金の10%
イタリア ポーターなどに1ユーロ 基本的に含まれている。
含まれていない場合10%前後
料金の10%

 

 

チップの上手な渡し方

 

「適正なサービスを受けた」ことに対して支払うものだと理解してもらうと良いと思います。

最初のうちは難しいことを考えずに「サンキュー」といって渡せば良いです。

 

例えば、レストランでは「特別に不快な思い」をしなかった場合は

料金の10%程度をお会計とは別にチップとして渡せば良いでしょう。

 

例えば40ドルの食事をして、50ドル札で支払うと、お釣りは細かいお金で返ってきますので、

そこから4~5ドル程度を手渡しましょう。

 

もし10ドル札でお釣りが返ってきた場合や、手持ちがない場合は恥ずかしがらず、

両替をお願いして、そこから手渡すようにしましょう。

(もちろん、感動するサービスを受けた場合は多めに渡すことがスマートです)

 

基本的にウエイターやボーイなど、サービスをしてくれる人に対してであって、

ファーストフードなどの「セルフのお店」ではチップの必要はありません。

 

チップの習慣がある国では会計時にサービス料が含まれている場合もあるので、

二重払いにならないように注意しましょう。

 

ホテルをチェックアウトをする際に掃除する人のことを考えて枕元にチップを置くという話も聞きますが、

海外にはそういった習慣がないので「任意」という認識で良いでしょう。

 

 

チップの上手な使い方

 

チップを先に払う事で相手のサービスが変わってくるという期待が出来る場合、先に多めに支払うのも効果的な方法です。

誰でも相場より多めのチップを渡してくれる人を良く思うので、通常以上のサービスが期待出来ます。

 

例えば、レストランで良い席に座りたい場合にはスタッフに渡して希望を伝えてみるのも良いでしょう。

ちょっと融通を聞いてもらいたいときなど、何かを誰かに頼む時に効果的です。

 

ただし、渡す相手と渡すタイミングを見極めること。

チップはさりげないやり取りなので、決して相手に恥をかかないようにスマートに渡しましょう。

 

 

各都市の時差・天気・日の出・日没・気温・サマータイム確認法

海外旅行では天気や気温だけではなく、日没時間をチェック!

 

海外旅行で必ず確認したいのが天気予報や気温。

それによって服装や持ち物が変わってくるでしょう。

 

さらに「雨季」や「乾季」などの情報もチェックしましょう。

季節が違えば見える景色や起こりうる天候トラブルも変わってきますし、ツアー代金やホテル代なども変わってきます。

 

そして、見落としがちな「日の出」と「日没時間」。

これをチェックすることで「何時まで活動できるか」という具体的な時間が分かります。

 

 

世界の天気、気温、日没などの調べ方

 

世界の都市の時刻や天気、気温、日の出時間や日没時間、サマータイムまで調べられる便利なサイトがあります。

(※サマータイムとは1年のうち夏を中心とした期間に、太陽の出ている時間帯を有効に利用する目的で、

標準時を1時間進める制度、またはその進められた時刻のこと。

現在の主な実施国・地域では実施期間が7~8か月に及ぶため、通常時間より夏時間の期間のほうが長い。

明るいうちに仕事をし、夜の余暇時間を延長できる。

緯度が高く夏の日照時間が長い欧米諸国などで多く導入されている。 wikipediaより)

 

「time and date.com」で世界各地の基本情報をチェック。

 

1、「timeanddate.com」にアクセスします。

 

2、Topページの「world clock」の空欄に「調べたい都市名(英字)」を入力。

 

timeanddate1

 

3、検索結果が表示されます。

 

4、読み方は次の通り。

 

timeanddate2

 

 

「Astronomical twilight」とは、外が何時まで明るいかという時間です。

この日の場合、17:32に日は沈みますが、19:23まで空がある程度明るいと考えて良いでしょう。

天気や日没時間以外にも海で遊ぶのであれば、潮の満ち引きもしっかりと確認しましょう。

大潮と小潮では海での遊び方や風景が異なってくるからです。

 

お出かけ前に検索し、日没時間や天気などの情報を手に入れ、旅行の計画に役立ててくださいね。

 

 

ドルは世界の基軸通貨!海外旅行にドル札を持っていこう

海外旅行の現金はUSドルを持ち歩こう

 

海外旅行ではクレジットカードが重宝します。

クレジットカードはマイルやポイント、付帯保険などで旅費の節約になるばかりではなく、

現金にある盗難リスクも電話一本でカードを凍結できるので、被害の拡大も防げます。

またカードの種類によっては紛失しても現地で発行できることもあるので、

お金がなくなって旅行できなくなるということを回避できる可能性があります。

 

しかし、クレジットカードだけで全部済ませようというのには無理があり、

チップなどを含め現地通貨を持ち歩かなければなりません。

 

ATMでキャッシングをすればレートも良いですが、地方に行くとATMがなかったり、使えなかったりします。

そんなときにあれば便利なもの、それは世界でも最も強い通貨「USドル」です。

 

海外旅行では日本円よりもUSドルを持ち歩こう

 

「日本円」も世界的に強い通貨ですが、もっとも頼りになるのは「USドル」です。

 

「USドル」があれば世界中で現地通貨に両替できるので、持ち歩く現金として日本円よりも重宝します。

特に地方へ行く際はお守り変わりに数十ドルを持ち歩くのをお勧めします。

(※欧州ではユーロ、ポンド、スイスフランなどでも良いでしょう)

 

日本円→USドル→現地通貨となるので、気になるのが両替手数料。

そこで海外旅行へ数回行くのであれば、マネーパートナーズを利用して日本円から両替し、

USドルを現金でいくらか持っておくのが良いでしょう。(マネーパートナーズは手数料が非常に安いです)

一度、交換しておけば、次回の旅行からもUSドルから現地通貨へ両替するのがベストです。

旅行にも日本円ではなく、ドルを持っていくとより安心です。

 

旅行の話しとは異なりますが「日本は大借金しているので、国が破綻するかもしれない」という話しもあります。

それが真実になるかどうかは別にして、「一通貨だけを持っておく」というのではリスク(財産を失います!)ですから、

何かあったときのために「複数通貨」を持つという意味でも、いくらかのUSドルは持っているほうが良いでしょう。

 

「おトク」に両替するなら、こちらの記事を参考にしてください。

>>>両替ナビ

 

 

1マイルが8円に!? 飛行機マイル(マイレージ)の最もオトクな3つの使い方

飛行機マイルの使い方ナビ!お得に航空券に交換しよう

 

マイルが貯まったら次に考えるのは航空券の交換。

通常1マイル=2円が相場と言われるマイルですが、

交換する航空券によっては1マイル5〜15円の価値にもなります。

ここではマイルの正しい使い方やポイントをお伝えします。

 

 

マイルを航空券に変える!予約はタイミングが大事

 

「マイルを貯めたのはいいけれど、なかなか目当ての航空券へ交換できない」という方も多いと思います。

特にGWや年末年始など大型連休のときは非常に取りにくいです。

それはマイルに交換するための席数は予め決められているため、すぐに埋まってしまうからです。

 

そこで「予約可能日にすぐ予約する」ということが重要になってきます。

国際線の場合、ANAは搭乗355日前、JALは搭乗330日前から、

電話またはインターネットで予約可能です。

予約後に変更・キャンセルも可能なので、ご安心を。

ANAマイレージクラブJALマイレージバンク

 

 

マイルで交換する一番お得な航空券は?

 

1、マイレージの一番お得な交換先はズバリ「ビジネスクラスの特典航空券」です。

特に欧米などへの遠距離線がお得。閑散期でも1マイル4円〜、繁忙期なら8円〜ほどの価値があります。

ファーストクラスはさらにお得です。

 

2、次にお得な交換先は「繁忙期」の交換です。

例えば、ゴールデンウィークや年末年始のハワイへの航空券は約20万円しますが、

特典航空券であれば45,000マイルで交換可能。

1マイル4.5円ほどの価値があります。

繁忙期は予約が難しいので日程を少しずらすか、予約受付日に予約をしてみましょう。

 

3、JALのディスカウントマイル・どこかにマイルをチェックしよう。

 

JALが不定期で行っている「ディスカウントマイル」は、

通常よりも少ないマイルで特典航空券を発行できます。

実施時期が毎年異なるので、JALマイレージバンクで確認を。

 

「どこかにマイル」は往復6,000マイル(2017/05現在)で、

JALから提示される4つの行き先から決めるというもの。

羽田・伊丹発着限定ですが、「どこかに旅したい」というときに利用してみましょう。

 

4、ANA「いっしょにマイル割引」、JAL「おともdeマイル割引」を利用して交換しましょう。

2〜4名の家族や友人と一緒に国内グループ旅行に出かけるのであればお得です。

マイル会員本人は全国1万マイル(最大3.7円)で交換でき、

同伴者3名まで往復2〜3.7万円とお得な価格で購入できます。

 

その他にも「国内線航空券へ交換(2.5円)」や「利用クーポン(1.5円)」

または「eクーポン(1.5円)」に交換可能です。

利用クーポンやeクーポンは、特典航空券とは違い

「マイルも付与される」「購入チケットに制限がない」という特徴があります。

特典航空券の予約ができなかったときなどに有効な交換方法です。

ANAマイレージクラブJALマイレージバンク

 

 

エコノミーでも横になって寝る方法。機内の過ごし方

飛行機は座席移動が自由に出来ます

 

飛行機で両隣に人が・・・空いている席に移りたい・・・

空席があっても、移っていいものなのかどうか迷いますね。

ハイ!席は合図とともに移って良いのです!その合図とは・・・

(※LCCなど一部の航空便で席の移動を禁止している場合がありますので、注意してください)

 

上手に座席移動をする

 

飛行機は空席があれば席の移動をしてもよいというのは通説です。

タイミングとしては「全てのお客様の乗車完了しました(Boarding completed)」というアナウンス(業務連絡)のあと。

ただし、旅慣れた人も乗っているため、ガイダンスが流れたあとに移っていては、先に席を確保されてしまうでしょう。

うまく席を確保出来るように、コツをお伝えします。

 

1、チェックイン時に混雑状況を聞いておく

2、「大体みんな乗ったかな」というタイミングで空席の目立つ場所へ移動し座りましょう

3、アナウンスが流れたら、肘掛を全部あげて寝転ぶと気持ち良いですよ。

もしアナウンス前に「ここ私の席」と声をかけられたら素直に譲りましょう。

あとは空気枕があれば快適ですね。

 

 

繁忙期(GW・お盆・年末年始)の格安航空券予約・取得方法

旅のプロが教える長期休暇の格安航空券の押さえ方

 

日本人にとって一番長期休暇の取りやすい「GW・お盆・年末年始」。

もちろん、この日程に合わせてツアー代金や航空券も高額になります。

 

「1日違うだけで数万円!」ということも少なくありません。

そこで大型連休の格安航空券を賢く予約する方法を公開しましょう。

 

大型連休の格安航空券は1年前に予約する

 

海外ツアーや航空券は「出発日」に合わせて算定されています。

有給等で調整がつくのであれば、大型連休に入る1~3日前に出発するのが良いでしょう。

 

ポイントは来年のカレンダーを見て、大型連休になる1~3日程度前を出発日に設定し、

出発日の1年前に旅行会社に予約をいれます。

 

旅行会社は1年前から航空券の予約を受け付けるようになっています。

料金が発表されるのは予約をしてから9~10ヶ月後ですが、その料金を確認して購入すれば良いでしょう。

こうすることで、多くの人が狙う「GW・お盆・年末年始」などの大型連休の格安航空券が手に入れることができるわけです。

ただし購入後は変更・キャンセルに料金がかかる場合があるので、注意が必要です。

 

 

海外ツアー・飛行機の子ども料金はいくら?

子ども料金に比べ断然オトクな幼児料金

 

旅行業界での「子供」の定義は2歳以上~12歳未満です。

パッケージツアーの子供料金は大人と同額か少し安いくらいにしかなりません。

しかし、2歳未満であれば「幼児」となり、

航空チケットも海外ツアーも大人の約10%ほどでOKです。

 

飛行機の子ども・幼児料金について

①国際線の場合

▽幼児・・・2歳未満

座席を使用しない場合は、普通運賃の10%(LCCは無料)

座席を使用する場合、普通運賃の75%(LCCは大人と同じ)

▽小児・・・1〜11歳

普通運賃の75%(LCCは大人と同じ)

※一部、異なる場合があります/2017年調べ

 

②国内線の場合

▽幼児・・・3歳未満(LCCは2歳未満)

座席を使用しない場合は、無料

座席を使用する場合、普通運賃の50%(LCCは大人と同じ)

▽小児・・・1〜11歳

普通運賃の75%(LCCは大人と同じ)

※一部、異なる場合があります/2017年調べ

 

 

海外子連れのメリット

 

海外旅行に子どもを連れていると大変なイメージがあるけど、実はメリットも多いのです。

 

  • 飛行機に搭乗の際は最優先で乗れる
  • 機内で特製おもちゃがもらえる
  • 子ども用の食事がもらえる
  • ホテルでもアップグレードされる場合がある

 

国内のホテルや旅館では子どもとはいえ、大人の半額ほど必要です。

そこでグアムなどの近場リゾートなら、国内旅行よりお手軽かもしれませんね。

お子様との海外旅行を計画されてはいかがでしょうか。

 

注意!航空会社の二重予約(ダブルブッキング)は御法度です

パックツアーや航空券の二重予約に気をつけよう

 

 

魅力的な二つのツアーがあって決め兼ねて両方に予約を入れたり、

GWや年末年始の席が取れないかもしれないと複数の旅行会社に予約を入れたりと、

悪意のない二重予約でも、実際はトラブルの原因の元です。

二重予約をするとどんなリスクが存在するのでしょうか。

 

 

航空券の二重予約が厳禁な理由

 

一定期間に同一人物とみられる者から航空会社に予約が入ると、

ダブルブッキングとみなされ、すぐさま旅行会社へ連絡が入ります。

 

そこで旅行会社も申し込みをした本人に確認をするわけですが、

「キャンセル料が発生する前だから」と、申込者本人がA社とB社の二つを迷っていて決めかねるような場合、

突然、航空会社から二件とも予約がキャンセルされる場合があります。

 

一度キャンセルされれば、いくら話しても元には戻りません。

席数が残っていればまた取り直せばいいのでしょうが、繁忙期ではなかなか難しいもの。

そういったことのないように、ダブルブッキングをする際は十分注意しましょう。

どうしてもという場合は、旅行会社に正直に相談すると良いでしょう。

 

 

その格安ツアー大丈夫?海外パッケージツアーのチェック5項目

海外ツアー申込前にチェックしたい5項目

 

海外旅行ツアーをインターネットやパンフレットで見ていると、

一見かなり安い料金で掲載されていることがあります。

「安いにはワケがある!?」

失敗しないためにも、次の5項目を事前に確認しましょう。

 

1、燃油サーチャージは含まれている?

 

目的地が日本から遠ければ遠いほど、燃油サーチャージは高額です。

燃油サーチャージ込みのツアーも増えてきましたが、

「含まれているのか?」、「含まれていないなら燃油代はいくらなのか?」という項目をチェックしましょう。

燃油代はこちらで調べることが出来ます。

 

2、出発予定日の価格をチェックしよう

 

パンフレットに大きく記載されている金額は魅力的なものですね。

しかし、日程によってはツアー代金が2倍になったりすることも。

カレンダーで出発日の料金を確認しましょう。

 

3、航空機はいつ出発でいつ帰国

 

何時頃出発の飛行機か確認しましょう。

同時にフライトアレンジの追加料金を確認しましょう。

 

僅か数千円でアレンジ出来るなら、時間を有効に使うため、アレンジを検討しましょう。

航空機が未定プランの場合、通常出発日の1〜2週間前にならないと決まりません。

 

4、ホテルの立地は中心部?

 

ホテルはグレードも大事ですが、特に市街地で遊ぶ場合は立地が重要です。

募集の時点でホテルが決まっている場合、

グーグルマップで検索をして、市街地から離れていないか確認しましょう。

 

5、空港からの送迎はついている?

 

空港からの送迎は付いているツアーのほうが、あっという間にホテルへつけるのでオススメです。

国によっては空港から市街地へ出るだけでも結構な費用がかかってしまうことがあります。

時間も費用も効率が良い送迎!確認しましょう。

 

6、信頼できる旅行会社?

 

2017年3月に中堅旅行会社「てるみくらぶ」が破綻し、旅行者に大きな損害を与えました。

旅行代金を”現金一括”で煽るような旅行会社には気をつけましょう。

現金よりもクレジットカードで支払いをしたほうが安心です。

日本旅行業協会加盟の旅行会社なら比較的安心です。

 

 

海外旅行パックツアーは保険や補償がある!「特別補償規定」を読もう

海外ツアーには○○万円携帯品損害補償がついている

 

個人ツアーは「手配旅行」と呼ばれ、パッケージツアーは「募集型企画旅行」と呼ばれます。

手配旅行ではほぼ自己責任ですが、募集型企画旅行(パッケージツアー)では旅行業法により、

消費者はしっかりと保護されているので、トラブルの際も旅行会社がきちんと対処します。

 

そこでパッケージツアーの意外と知らないメリットの一つ。

それが「保険」「携帯品損害補償」がついていることです。

 

海外パックツアーについている「補償」

 

パンフレットや旅行会社のホームページの「契約条件」を見ると、

「当社の責任」や「特別補償規定」といった「補償」に関することが目立たないように小さく書かれています。

 

(死亡補償金の支払い)
当社は、旅行者が第1条の傷害を被り、その直接の結果として、事故の日から180日以内に死亡した場合は、旅行者1名につき、海外旅行を目的とする企画旅行においては2,500万円、国内旅行を目的とする企画旅行においては1,500万円(以下「補償金額」といいます。)を死亡補償金として旅行者の法定相続人に支払います。ただし、当該旅行者について、既に支払った後遺障害補償金がある場合は、補償金額から既に支払った金額を控除した残額を支払います。

(後遺障害補償金の支払い)
当社は、旅行者が第1条の傷害を被り、その直接の結果として、事故の日から180日以内に後遺障害(身体に残された将来においても回復できない機能の重大な障害、又は身体の一部の欠損で、かつ、その原因となった傷害が治った後のものをいいます。以下同様とします。)が生じた場合は、旅行者1名につき、補償金額に別表第2の各号に掲げる割合を乗じた額を後遺障害補償金として旅行者に支払います

(携帯品損害補償)
当社は、当社が実施する企画旅行に参加する旅行者が、その企画旅行参加中に生じた偶然な事故によってその所有の身の回り品(以下「補償対象品」といいます。)に損害を被ったときに、本章の規定により、携帯品損害補償金(以下「損害補償金」といいます。)を支払います。

阪急交通社(http://www.hankyu-travel.com/)から抜粋

 

その他にも入院見舞金や通院見舞金が補償がついています。

旅行会社によって契約内容が異なりますので、パンフレットやホームページなどで必ずチェックするようにしてください。

 

旅行代理店もよほどのことがない限り、こういった細かいことまで説明しないでしょう。

申込のときに、尋ねてみると良いでしょう。

 

 

どんなときに「補償」が受けれるか

 

例えばスーツケース。

チェックインカウンターで預けたあとは、色んな人の手を介してホテルへと運ばれます。

そこでホテルの部屋でスーツケースの破損に気付いてクレームを言っても、どこで壊れたか分からないので、

航空機の移動時とはっきりしている場合でない限り、誰も補償してくれません。

そこで旅行代理店に申告すると15万円を限度に手荷物(スーツケースなど)が補償されます。

 

 

注目記事

▼旅好最強カード▼