‘旅の基本情報’に関する記事一覧

パスポートナビ「申請・期限・料金・必要書類」

パスポートの受取まで約1週間!早めの申請を

 

海外旅行になくてはならないのがパスポート。

日本で身分証というと免許証ですが、世界で共通の身分証はパスポートです。

申請に時間がかかるため、海外旅行へ行くと決まったら早めに申請をしましょう。

ここではパスポート発行に必要な書類や料金、申請場所をお伝えします。

 

 

パスポートの申請に必要な書類一覧

 

戸籍抄本・謄本 発行日から六ヶ月以内のもの。
住民票 発行日から六ヶ月以内のもので本籍地の記載があるもの。住民基本台帳ネットワークシステムに参加している自治体の場合、住民票は不要。
写真 六ヶ月以内に撮影したもの。4.5×3.5のフチなしで細かい規定があるため、写真屋さんに頼むのがベター。
身元確認の書類 運転免許証、船員手帳、写真付き住基カードetc上記書類がない場合は・・・①健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、船員保険証、後期高齢者医療被保険者証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書、船員保険年金証書、恩給証書、共済年金証書、印鑑登録証明書(印鑑必須)などの中から2点②写真が貼ってあるもので、学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書などの1点と①に記載した証明書1点。
一般旅券発給申請書 5年用と10年用の二種類を選びます。各旅券発給窓口や旅行会社で入手可能です。
代理人申請 二親等以内の親族による代理申請が可能ですが、代理人の身元確認書類が必要。一般旅券発給申請書などに本人が記述して上記記載のものを預ける必要があります。

 

代理人が申請する場合二親等以内の親族による代理申請が可能ですが、代理人の身元確認書類が必要。

一般旅券発給申請書などに本人が記述して上記記載のものを預ける必要があります。

 

 

書類を揃えたらパスポート申請へ

 

上記書類を揃えたら、住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請しましょう。

 

20歳未満の場合、一般旅券発給申請書裏面に親権者の署名が必要です。

遠隔地に住んでいて難しい場合は、親権者の署名のある同意書が必要です。

 

無事に受理されると、旅券引換書をもらえます。

交付日が書いてあり、旅券の引換に必要ですから、なくさないように保管しましょう。

 

 

パスポート申請から受取まで機関は約1週間

 

申請時にもらった旅券引換書が必要です。

交付日以降に受取場所へ行き、まず印紙を購入しましょう。

パスポートの料金は、10年用16,000円、5年用11,000円、5年用(12歳未満)6,000円です。

 

こちらの手順を経て、パスポートを取得できます。

 

旅行パンフレットに記載の「早朝・朝・午前」って何時のこと?

知ってるだけで大きく違う!海外ツアーの時間の読み方

 

ツアーのパンフレットにある旅程表。

「早朝発 成田空港」とか「午後 マッサージへ」などと記載されています。

実はこの”午前”とか”午後”という表記は明確に決められています。

 

実は”旅行業界の時間の定義”を知っているのと知っていないとでは、

旅が全く変わったものになるのでここでしっかり確認しましょう。

 

 

パンフレット「時間の読み方」

 

早朝 4:00-6:00

朝  6:00-8:00

午前 8:00-12:00

昼 12:00-13:00

午後13:00-17:00

夕刻17:00-19:00

夜  19:00-23:00

深夜23:00-4:00

 

例えば「午前 成田発」「朝 成田発」の場合を見てみましょう。

「午前」出発の場合、前日睡眠を取り、朝自宅を出発しても間に合うかもしれません。

しかし「朝発」の場合、午前6:00の便かもしれないということです。

 

ツアーの場合、2時間前の午前4:00に空港への集合を求められるので、

空港までのアクセスが出来なかったり、その前日はほとんど睡眠時間を確保出来ないかもしれません。

 

ツアー最終日も同じことが言えます。

 

日本へ帰る便の時間帯が「午前」であれば前日の夜も遊べると思いますが、

「朝」や「早朝」発の場合、ホテルを出発するのはまだ辺りが暗いうちになります。

そうなると最終日の夜は気を遣った滞在になることを覚悟したほうが良いでしょう。

 

また帰宅が深夜になれば、空港から自宅の交通も制限されるので注意が必要です。

早朝と午前、夜と深夜では全く異なりますので、旅程もう一度チェックしましょう。

 

 

空港使用料や燃油サーチャージって?海外ツアーや格安航空券の料金内訳

世界の燃油サーチャージと空港使用料を解説

 

WEB予約する際に「安い!」と喜んでみたものの、いざ予約しようとすると、

総額表示で一気に値段があがってがっかりした・・・という経験はないでしょうか。

 

それは燃油サーチャージや、空港使用料(空港税)、航空保険料、

その他手数料など様々な諸経費がかかってくるためです。

 

それとは逆に航空券の予約サイトでは初めから総額表示するサイトもありますし、

ツアー会社では燃油サーチャージ込(空港税別)で表示している旅行会社もあります。

 

サイトなどで検索する前に、渡航したい国までの「燃油サーチャージ代」と、

利用する空港の「空港税」を予め知ることで、予算をたてやすくなります。

 

 

燃油特別付加運賃、航空保険料一覧

 

燃油サーチャージとは、燃料価格の高騰によって、運賃とは別に追加される料金のことです。

行き先が同じでも、航空会社によって変わってくる場合があります。

またLCCなどでは元々料金が含まれているということもあります。

燃油サーチャージ一覧

 

空港使用料一覧

 

空港使用料とは名前の通り、空港を使用するために必要な料金です。

日本では空港使用料はどこでも同額の請求をすることになっていますが、

海外では空港使用料を高めに設定している旅行会社もあるので注意が必要です。

世界の空港税一覧

 

 

ビザ(査証)&ESTAを取得・申請方法

ビザ(査証)の取得申請に必要な書類や料金

 

ビザ(査証)とは、入国するための仮資格みたいなものです。

渡航先によっては短期の観光の場合に不要な場合がありますが、渡航前に必ず確認しましょう。

必要な場合は在外公館に申請し、取得します。

 

 

ビザな必要な国と申請場所

 

ビザが必要かどうかは下記から確認出来ます。

ビザの発行が必要な国(JALのホームページへ)

 

ビザの申請が必要な場合は、旅行会社に依頼するか、自分で在外公館に申請します。

基本的に「大使館」や「領事館」に出向く必要がありますが、

一部の国で郵送やインターネットでビザ申請を受け付けています。

また空港や入国審査の際にビザの申請と取得が出来る国もあります。

駐日外国公館リスト(外務省のホームページへ)

 

また渡航先でビザを申請、取得する場合は、その地にある「大使館」や「領事館」で発行可能です。

 

 

申請に必要な書類

 

・査証申請書(ビザフォーム/各国大使館・領事館で入手可能)

・顔写真

・パスポート

・査証手数料

その他申請に必要な書類がいる場合があるので、事前に「大使館・領事館」に確認しましょう。

 

 

ビザの料金や受取日数について

 

ビザの種類には多くありますが、基本的に旅行者が使うのは

「ツーリストビザ(観光)」か「トランジットビザ(通貨)」のどちらかになるでしょう。

 

滞在日数の参考して観光ビザなら1~3ヶ月、トランジットビザなら1~2週間程度です。

ビザの料金は渡航先によって違いますが、数千円程度(目安3,000円)のものです。

受取日数は1~7日程度で可能です。日程に余裕をもって取得しましょう。

ビザには有効期限がありますから、日程が決まってから申請・取得をするようにしましょう。

 

 

国際線飛行機の乗り継ぎ・乗り換え方法(トランジット)

最低限知っておきたい飛行機乗り継ぎ(乗り換え)の方法

 

飛行機を乗り継いで目的地に向かう場合、乗り換えの空港で迷っている間に

飛行機が飛び立ってしまうということがあります。

そんなことがにように、飛行機の乗り継ぎ方法を事前に知っておきましょう。

 

 

乗り継ぎ時間を十分に確保する

 

同じ航空会社の乗継航空券の場合、最低乗継時間(ミニマムコネクティングタイム)が

設定されているため、乗り継ぎ前の飛行機の到着が遅れてしまった場合には

振替便を用意したりの補償を受けることが出来ます。

 

ただし、異なった会社の航空券で乗り継ぐ場合は、

自己責任となり補償を受けられないので注意が必要です。

「出発してしまった!」ということがないように、

乗り換え時間は2時間程度を見積もっておくことが必要です。

 

預託手荷物のピックアップが必要が調べておく

 

通常、預け入れ手荷物は最終的な目的地まで届けられますが、

異なる航空会社に乗り継ぎする場合は荷物のピックアップが必要になります。

また、乗り継ぎ後の移動が国内線の場合、最初に入国した時点で一度荷物を受け取る必要がある場合があります。

ただし、すぐに再度預けられるので荷物を持って空港内を移動しなくても大丈夫です。

受け取りが必要であるにも関わらず、そのままにしていると、ロストバゲッジとなるので注意が必要です。

 

 

チケットの発券に関して

 

通常、最終目的地までのフライトを一括で予約した場合は、

出発時に空港カウンターで乗継便の搭乗券も含めて発行してもらえます。

もし出発時に発行してもらえない場合は、トランジット時に乗り継ぎ空港での発行が必要です。

いずれにせよ、荷物のピックアップを含め、出発時に空港カウンターで確認するようにしましょう。

 

 

空港内でよく見る表示

 

Transfer(乗り継ぎ)

Departure(出発)

Arrival(到着)

International(国際)

Domestic(国内)

Boarding(搭乗)

Immgration(入国)

Baggage(預託手荷物受取)

 

空港内では上記の表示を参考に移動しましょう。

英語が得意でない人は搭乗券や目的地を英語でメモしておいて、

分からなければ空港で制服を着ている人にメモを見せながら声をかけましょう。

 

 

 

パッケージツアー・自己手配のメリット・デメリット

旅行会社に頼む?自分で手配する?

 

旅のスタイルは多種多様です。

同行する人や目的、予算や交通手段などで変わってくるでしょう。

 

旅は自由旅行・社員旅行・ハネムーンなど様々ですが、一般的な海外旅行を個人が予約する場合、

 

1、旅行会社の商品である「添乗員同行ツアー」

2、航空券と宿がセットになった「フリープラン」

3、好きな航空券とホテルを直接予約する「自己手配」 に分かれます。

 

それぞれのメリット・デメリットを比較しみていきましょう。

 

 

添乗員・フリーツアー・自由旅行のメリットとデメリット

 

添乗員同行ツアー

  • ガイドがつくため、困ったときに安心
  • 初めての海外旅行や熟年者、秘境などへ行く際にオススメ
  • 有名な観光地を巡ったり、自分でプランを考えなくて良い
  • 自由度が低い
  • 費用が高め

初心者に一番身近なのが、旅行会社へ依頼する添乗員同行のツアーです。

旅のことは旅行会社や添乗員に聞けば色々とお世話をしてくれるため、

初めての海外旅行では大体の不安は軽減されるでしょう。ただし、自由度が低いのが難点です。

 

フリープラン(航空券+宿がセット)

  • 航空券と宿を別々に手配するよりも安い
  • 1~2都市滞在型の移動が伴わない旅にオススメ(周遊プランもある)
  • 予算と自由のバランスが取れている

旅慣れた人や短期旅行者に人気があるのは、

航空券とホテルなど必要なものだけがセットになったフリープランです。

航空券もホテルも団体割引が適用されている場合が多いため安く、

主に短期~10日程度の旅で非常に人気を集めています。

ただし、格安ツアーの場合、興味のないお土産屋さんによる場合も・・・。

 

自己手配

  • スケジュールの自由度が非常に高い
  • LCCや安宿の利用するなど、予算も自由にコントロール出来る
  • トラブルなどがあった場合の負担が大きい

格安航空券やLCCを駆使し、旅をするスタイルです。

片道航空券の利用や、日によって好きなホテルを予約出来るため、

旅を自分用にカスタマイズ出来るのが魅力です。

何度も海外へ出る人や、周遊旅行、長期間旅行者に人気を集めています。

旅行会社を挟まないため、トラブルが起こった場合の負担は大きいです。

 

 

まとめ

 

1、添乗員は同行したほうが良いのか?

2、航空券やホテルは自由に取りたいのか?

 

添乗員同行であれば、旅行会社を通じて予約する方法がベストです。

添乗員の同行が必要のない一般的な海外旅行の場合、

リゾートや都市など1〜2都市滞在型なら「フリープラン」、

周遊旅行やホテルを自由に選びたい場合は「自己手配」となるでしょう。

 

フリープランでもバックパッカーでも現地でオプショナルツアーを利用したりすることで、

素敵に旅をカスタマイズ出来ます。

その他にも、海外出張、ワーキングホリデー、留学、世界一周旅、

ハネムーン、社員旅行、豪華客船旅など様々な旅のスタイルに合わせた

商品が旅行会社は用意しているので覗いてみると良いでしょう。

>>>海外ツアー予約サイトランキング

 

 

 

Tags:

注目記事

▼旅好最強カード▼