エクスペディアが10%off

海外ホテル&海外ツアー世界最安のエクスペディア。さらにお得に予約する方法!
>>>エクスペディア(Expedia)完全ガイド

日本最安!外貨両替ガイド

手数料93%オフ!? 意外に知られていない最もお得な両替方法!
>>>どこりよりもお得に両替する

海外旅行保険が無料!?

持っているだけで海外旅行保険が自動付帯する無料のカードはコレ!
>>>旅行の度に数千円お得

海外旅行”超便利グッズ”

海外旅行に役立つ&持っていきたい「あったら便利」なツールが勢ぞろい!
>>>便利なモノ、集めました

マイルが貯まるあなたに最適なクレカ教えます


マイルは飛行機に乗らなくても貯められる

 

マイレージは飛行機に乗らなくても貯めることができることをご存知ですか?マイレージクラブ

マイレージは提携の飛行機に乗ったときはもちろん、クレジットカードで買い物をしたり、

提携するサービスを利用したりすることで貯まる仕組みになっています。

 

マイレージの使い道は、航空券の交換や割引座席のアップグレード、他ポイントへの交換などに使えます。

通常、航空会社が提供するサービスにマイルを交換することでレートが高くなります。

ですので、「マイルを貯めたら、航空券に交換したり、座席アップグレードに使う」という目的の方にオススメです。

 

”JAL”or”ANA”? マイルが2倍貯まるコースへ加入必須

マイルを効率良く貯めるには、通常”JAL”か”ANA”を予め選択することになります。

JALもANAもマイルが2倍貯まるコースを用意していますので、

クレジットカードを申し込んだ後に申込を忘れないようにしてくださいね。

それぞれの年間コストは次の通りです。

 

”JAL系カード”ならショッピングマイル・プレミアムへ!

これはマイルの還元率を0.5%から1.0%にしてくれるサービスです。

JAL系マイルを貯めるコストは、

クレジットカードの年会費2,100円と合計して年間5,250円の維持費が必要です。

JALカードならショッピング・マイルプログラムへ
jALショッピングマイルプログラム

 

”ANA系カード”なら10マイルコースに加入!

ANAの場合は直接マイルが貯まるのではなく、

まずはカードのポイントが貯まります。

そこからマイルへ移行しますが、通常は「5マイルコース(1000円で5マイル)」が適用されます。

そこで「10マイルコース(1000円で10マイル)」に加入すると年間2100円を払うことになりますが、

倍のレートで移行出来るので加入することを強くオススメします。

ANAの場合は年会費2,100円と合わせて年間4,200円の維持費が必要です。

(2年間に1度交換するのであれば、実質年間3,150円まで維持費が下がります)

 

JALは維持手数料が高いので、こだわりがなければANAマイルが良いでしょう。

 

 

マイルが貯まるカードの選び方

「マイレージ」を貯めるには数あるクレジットカードの中から、自分に合ったものを選択する必要があります。

ポイントはいくつかあり、次の設問に「Yes」ならその項目を、「NO」なら次の設問を読み進めてください。

 

Q1:カード年間利用額が35万円(月3万円程度)以下

カードの利用額が少ない人はマイルを貯めず、ポイントを貯めましょう。

海外保険などでメリットのある「高還元率クレジットカードの記事」を参照してください。

 

Q2:どうしてもANA系より、JALが良い!

JAL TOP&clubQカード と JMB WAONの併用がベスト!

jaltopclubQ

JAL TOP&clubQ  年会費2,100円

JMB WAONカードへチャージすることで1.5%のチャージ&決済ポイントを獲得出来るJAL TOP&clubQカードの特典で、多くの人にとってBESTカードになるでしょう。JALカード入会後にJMB WAONの申し込みが可能。

 

 

 

Suicaユーザーはこちらのカードjal_suica

WAONの利用環境がない場合は、

JALカード Suica(年会費2,100円)がオススメ。

 

 

 

Q3:ANAで海外路線年間基本区間15,000マイル程度搭乗する

ANA JCB ワイドカードがベスト!

ana-visa

ANA JCB ワイドカード  年会費7,612円

(参考区間基本マイル目安:香港3600、パリ12000、ニューヨーク13500)

基本還元率1%、ANA航空券の支払いにはさらに1%、さらにANAに乗ると25%のボーナス。年会費は高めだけど、ANAで国際線を数回フライトする人はすぐ元が取れます。

海外旅行保険も自動付帯。

獲得マイル数を比較すると、ANAワイドカードが最も貯まるカードと言えます。

一般のANAカードよりも維持手数料(年会費7,612円)が高いですが、マイルの価値を3円程度と過程すると、

15,000マイル以上飛行機に乗れば、約2,500マイル(約7,500円相当)貯まるので年会費をペイ出来ます。

 

欧米路線でビジネスクラスに乗る人はアメックス・スカイトラベラー

card

AMEXのSky Traveler(年会費10,500円)

提携航空券を購入すると還元率が3%になるので、価格が高いチケットを利用する人にとってはとっても利用価値のあるカード。

 

 

Q4:上記項目が全部「NO!」の人はこの二枚が最強です!

ソラチカカード&エクストリームカードを併用で1.35%の高還元!

20120221094143fb3

JACCS-Extreme-Card_thumb

 

 

 

 

 

 

ANAの海外路線にあまり乗らない人にとって多くの人の最強カードになるのは、

ANA CARD (通称:ソラチカカード 年会費初年度無料/翌年2,100円)

エクストリームカード(年会費初年度無料/3,150円/翌年30万以上の利用で無料)の併用です。

 

ANAカードの中で年会費が一番安く、東京メトロの利用でもポイントが貯まります。

 

エクストリームカードはGポイントへの還元率1.5%!

マイルへ交換しなくても高還元率のカードです。

Gポイント→ソラチカカード経由→ANAマイルへ交換することで、

マイへル1.35%還元率を誇る最強の組み合わせです。

 

ショッピングはエクストリーム、フライトや地下鉄はソラチカカードを利用すれば、

効率良く貯まるでしょう。

さらにエクストリームカードは旅行保険が自動付帯なので、海外旅行とも相性が良いです。

 

JALカードを選択したら、サブカードをチェック!

”JALカード”はケガや病気の際の海外旅行保険が付いていないため、

海外旅行保険が使えるカードをサブカードとして持っておくと良いでしょう。

 

 >>>サブカードを選ぶならコチラ!