1マイルが8円に!? 飛行機マイル(マイレージ)の最もオトクな3つの使い方


飛行機マイルの使い方ナビ!お得に航空券に交換しよう

 

マイルが貯まったら次に考えるのは航空券の交換。

通常1マイル=2円が相場と言われるマイルですが、

交換する航空券によっては1マイル5〜15円の価値にもなります。

ここではマイルの正しい使い方やポイントをお伝えします。

 

 

マイルを航空券に変える!予約はタイミングが大事

 

「マイルを貯めたのはいいけれど、なかなか目当ての航空券へ交換できない」という方も多いと思います。

特にGWや年末年始など大型連休のときは非常に取りにくいです。

それはマイルに交換するための席数は予め決められているため、すぐに埋まってしまうからです。

 

そこで「予約可能日にすぐ予約する」ということが重要になってきます。

国際線の場合、ANAは搭乗355日前、JALは搭乗330日前から、

電話またはインターネットで予約可能です。

予約後に変更・キャンセルも可能なので、ご安心を。

ANAマイレージクラブJALマイレージバンク

 

 

マイルで交換する一番お得な航空券は?

 

1、マイレージの一番お得な交換先はズバリ「ビジネスクラスの特典航空券」です。

特に欧米などへの遠距離線がお得。閑散期でも1マイル4円〜、繁忙期なら8円〜ほどの価値があります。

ファーストクラスはさらにお得です。

 

2、次にお得な交換先は「繁忙期」の交換です。

例えば、ゴールデンウィークや年末年始のハワイへの航空券は約20万円しますが、

特典航空券であれば45,000マイルで交換可能。

1マイル4.5円ほどの価値があります。

繁忙期は予約が難しいので日程を少しずらすか、予約受付日に予約をしてみましょう。

 

3、JALのディスカウントマイル・どこかにマイルをチェックしよう。

 

JALが不定期で行っている「ディスカウントマイル」は、

通常よりも少ないマイルで特典航空券を発行できます。

実施時期が毎年異なるので、JALマイレージバンクで確認を。

 

「どこかにマイル」は往復6,000マイル(2017/05現在)で、

JALから提示される4つの行き先から決めるというもの。

羽田・伊丹発着限定ですが、「どこかに旅したい」というときに利用してみましょう。

 

4、ANA「いっしょにマイル割引」、JAL「おともdeマイル割引」を利用して交換しましょう。

2〜4名の家族や友人と一緒に国内グループ旅行に出かけるのであればお得です。

マイル会員本人は全国1万マイル(最大3.7円)で交換でき、

同伴者3名まで往復2〜3.7万円とお得な価格で購入できます。

 

その他にも「国内線航空券へ交換(2.5円)」や「利用クーポン(1.5円)」

または「eクーポン(1.5円)」に交換可能です。

利用クーポンやeクーポンは、特典航空券とは違い

「マイルも付与される」「購入チケットに制限がない」という特徴があります。

特典航空券の予約ができなかったときなどに有効な交換方法です。

ANAマイレージクラブJALマイレージバンク

 

 

注目記事

▼10万円相当お得(期間限定)▼