エクスペディアが10%off

海外ホテル&海外ツアー世界最安のエクスペディア。さらにお得に予約する方法!
>>>エクスペディア(Expedia)完全ガイド

日本最安!外貨両替ガイド

手数料93%オフ!? 意外に知られていない最もお得な両替方法!
>>>どこりよりもお得に両替する

海外旅行保険が無料!?

持っているだけで海外旅行保険が自動付帯する無料のカードはコレ!
>>>旅行の度に数千円お得

海外旅行”超便利グッズ”

海外旅行に役立つ&持っていきたい「あったら便利」なツールが勢ぞろい!
>>>便利なモノ、集めました

旅行パンフレットに記載の「早朝」「朝」「午前」どう違う?旅行業界、時間の常識


知ってるだけで大きく違う!海外ツアーの時間の読み方

 

ツアーのパンフレットにある旅程表。

「早朝発 成田空港」とか「午後 マッサージへ」などと記載されています。

実はこの”午前”とか”午後”という表記は明確に決められています。

実は”旅行業界の時間の定義”を知っているのと知っていないとでは、

旅が全く変わったものになるのでここでしっかり確認しましょう。

 

パンフレット「時間の読み方」

早朝 4:00-6:00

朝  6:00-8:00

午前 8:00-12:00

昼 12:00-13:00

午後13:00-17:00

夕刻17:00-19:00

夜  19:00-23:00

深夜23:00-4:00

 

例えば「午前 成田発」「朝 成田発」の場合を見てみましょう。

「午前」出発の場合、前日睡眠を取り、朝自宅を出発しても間に合うかもしれません。

しかし「朝発」の場合、午前6:00の便かもしれないということです。

ツアーの場合、2時間前の午前4:00に空港への集合を求められるので、

空港までのアクセスが出来なかったり、その前日はほとんど睡眠時間を確保出来ないかもしれません。

 

ツアー最終日も同じことが言えます。

日本へ帰る便の時間帯が「午前」であれば前日の夜も遊べると思いますが、

「朝」や「早朝」発の場合、ホテルを出発するのはまだ辺りが暗いうちになります。

そうなると最終日の夜は気を遣った滞在になることを覚悟したほうが良いでしょう。