‘クレジットカード’に関する記事一覧

クレジットカードでタダで旅行!日常でマイルやポイントを貯めよう

持っているだけでおトクなクレカ!メリットはこれだけある!

 

海外旅行の際に、クレジットカードを持っていないと、

 

  1. ・旅行のWEBの予約ができない
  2. ・海外旅行で大金を持ち歩く必要がある
  3. ・旅先でお金がなくなると困る

といった不便があり、旅行では必須アイテムになりました。

 

実はクレジットカードには、支払いだけではなく、海外旅行保険が付帯したり、

貯めたマイルやポイントで海外航空券やホテルが無料になったりと、

うまく活用すればとってもお得なアイテムです。

このページはクレジットカードのメリットをお伝えします。

マイルを劇的に貯めたい方はこちら/マイル部

 

 

 

クレジットカードの特典の一部をご紹介

 

  • 1:入会するだけで、数千円の入会ポイントがもらえる
  • 2:海外旅行保険(1回の旅行につき数千円の価値)が付帯
  • 3:空港ラウンジが使える
  • 4:ポイントやマイルが貯まり、航空券や様々な旅行サービスや物品に交換できる
  • 5:空港からの手荷物配送サービスが無料
  • 6:ステータスカードならお部屋のランクアップも
  • 7:様々なWEB予約に使える(クレカがないと決済できないというサービスも)

などなど、そのメリットを枚挙したらキリがありません。(※カードによって特典は異なります)

 

入会特典だけでも十分にメリットがありますし、

持っているだけで海外旅行保険が付帯するという有り難いカードもあります。

 

また普段の支払いを現金だけではなく、カードで支払うことで

どんどんポイントやマイルが貯まっていき、ポイントやマイルは航空券やホテルに交換できます。

 

ポイントやマイルを使って「タダ」で旅行も可能です。

実際に一年間、ポイントを貯めてみたましたので、ご覧下さい。

 

実際に楽天カードでポイント/マイルを貯めてみた結果

 

この一年間、楽天カードに集中してポイントを貯めました。

そして年間10万ポイント(=10万円分の価値)以上を貯めることが出来ました。

マイルに関しては、半年間で40万マイル(ビジネスクラスでペア世界一周相当)貯めました。

⇒マイルに関してはこちらのサイトにまとめています  >>>マイル部

 

楽天ポイントが貯まる

 

楽天トラベルは国内旅行に限らず、海外航空券や海外ホテルにも利用することができます。

10万ポインは10万円分の価値があるので、アジアやグアムなどのリゾート旅行もできますね。

 

また楽天ポイントの場合、50%の交換レートでJALマイルにも交換が可能です。(10万Ptの場合はマイル5万Pt)

ハワイへの往復航空券がローシーズンで35,000マイル。

その他、欧米行きの往復航空券にも交換できます。

(※マイルを中心に貯めるのであれば、他カードが有効ですが・・・)

 

 

日常生活でカードを使うだけで貯まる

 

楽天カードが1%~の還元率なので、

「10万ポイント貯めるには1,000万円消費した」のかというと、そうではありません。

私は月間10~20万円前後の利用ですが、

カード会社が行うキャンペーン等をうまく利用すれば、2~10%の還元が見込めます。

 

「10万円も使えない!」という声も聞こえてきそうですが、

ほとんどのサービスやモノはカードで支払うことができますし、

コンビニの支払いも電子マネーなどを利用することでカードのポイントが貯まります。

 

一人暮らしの方でも

食費・・・30,000円、交際費・・・20,000円、携帯代・・・10,000円

交通費・・・10,000円、レジャー費10,000円

都心などでは家賃をクレジットカードで払うこともできますし、

友達との飲み会で立て替えて支払うなどの工夫をすれば10万円の利用も難しくないでしょう。

 

あくまで目安ですが、年間120万円くらいの利用があれば2~40,000ポイント貯めることが出来るでしょう。

 

 

実はカードは全く使わなくてもオトク!

 

カードは一切使わなかったとしても、持っているだけでお得です。

それは入会キャンペーンやクレジットカードに付帯サービスがあるので、

カードを申し込んで持っているだけでも数万円の価値があることが多いのです。

 

色々とあるクレジットカードの特典・サービス!

クレジットカードはお得な特典がいっぱい

 

ポイントやマイルが貯まる以外に、カードによって特典は様々。

こんなにメリットがあるクレジットカード、自分に最適の一枚を探してみてくださいね。

 

高還元で得するクレジットカードまとめ 】

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

マイルを劇的に貯めたい方はこちら/マイル部

 

 

初めての海外旅行にお勧めのクレジットカード

日常にも、旅行にも、どんなシーンでも活躍する1枚!

 

「ややこしいのは苦手!手っ取り早くどのカードが良いか教えて欲しい!」

「現金主義だけど、旅行にお守り程度に持っていきたい!」

「初めてのクレジットカードなので、今後どの位利用するかは分からない」

というあなたのために、旅行に強く、どんなシーンでも活躍する一枚を紹介します。

 

 

初めてのクレジットカードに最適な”楽天カード”

 

imgres

 

TVCMでもお馴染みの年会費が永年無料の楽天カード

楽天カードはクレジットカード初心者からヘビーユーザーまで、

どんなユーザーにも高い付加価値を与えるカードとして有名です。

 

  • ・年会費が永年無料
  • ・還元率1%以上(楽天市場利用なら常時4%以上!)
  • ・海外旅行保険付帯(利用付帯)
  • ・ポイントは1P単位で交換できる

 

年会費が無料で、入会ボーナス(5,000円分以上/キャンペーンにより異なる)が貰えるので、申し込んで損はありません。

 

もしあなたが”現金主義”だったとしても、

海外旅行中においては、いつカードが必要になるか分かりません。

 

楽天カードは利用したときの還元ポイントが高いのも特徴で、海外旅行保険も付帯します。

旅行保険は利用付帯が条件なので、出国前に空港までの

公共交通乗用具(バス、電車など)や旅行代金をカードで決済すれば、

出国から3ヶ月間、下記の補償額が適用されるので、保険料の節約にもなります。

 

  • 死亡後遺障害…最高2,000万円
  • 傷害治療費用…最高200万円
  • 賠償責任…最高2,000万円
  • 携行品損害…最高20万円
  • 救援者費用…最高200万円

 

また貯まったポイントは1P(=1円)単位で

楽天市場や楽天トラベルで使えるので無駄になりませんよ。

 

>>>楽天カードを詳しくみてみる

 

海外で困らないためにも二枚目のカードも検討しよう

 

楽天カードはブランド(VISA/MASTER/JCB)を選べますが、

最初に持つクレジットカードでしたら「VISA」を選ぶのが良いでしょう。

 

ただし、海外において”VISAは使えない…”というお店もあるので、

別ブランド(2枚目はマスターカードがお勧め)のクレジットカードを保有することをお勧めします。

1枚目が楽天カードVISAなら、2枚目はリクルートカード(MasterCard)がお勧めです。2枚とも年会費無料です。カードが手元に届くまでに時間がかかりますので、クレジットカードは早めに申し込むようにしましょう。

 

リクルートカード

  • 年会費無料
  • 還元率1.2%以上
  • 海外・国内旅行保険(利用付帯)
  • 電子マネーチャージもポイント付与
  • 入会ボーナス有

 

高還元で得するクレジットカードまとめ 】

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

 

 

 

クレジットカードのメリットや選び方。マイルかポイントどちらを貯める?

クレジットカードは”持っているだけ”でお得がいっぱい!

 

クレジットカードは持っているととても便利であり、

特に海外旅行では持っていないととても不便です。

 

最初にクレジットカードのメリット・デメリットをお伝えしましょう。

  • 多額の現金を持ち歩かなくて良い
  • 使うだけでポイントやマイルが貯まる
  • 旅行保険やショッピングガードの保険が無料付帯のカードもある
  • 特別サービスが受けられる
  • 支払いの選択肢が増え、利用出来るサービスが増える

 

多数のメリットが存在し、デメリットを敢えてあげるのであれば、

「使いすぎ(自己管理)」と「不正利用に注意」ということです。

海外でも「大丈夫かな?」と思うような怪しい(?)お店では、現金で支払うようにしましょう。

 

旅行者にとってクレジットカードを「持っていること」は利便性が良いだけではなく、

空港ラウンジの利用や付帯保険などで旅行の度に数千円~数万円のメリットあります。

 

どうしても「使いたくない」のであれば、クレジットカードを「使わなくてもいい」のです。

大事なのは「使える」という選択肢があることです。

 

 

メインカードとサブカードを持とう!

 

クレジットカードは日常の大部分を使うメインカードと、

それを補完する国際ブランド(例:1枚目がVisaなら2枚目はMastar)で、

趣味や用途(車を乗る人ならロードサービス特典付きなど)によって、利用するサブカードと分けると良いです。

 

 

最初に”ポイント”を貯めるのか”マイル”を貯めるのかを決めよう!

 

メインで使うカードでマイルを貯めるのか、ポイントを貯めるのかによって変わってきます。

「マイルは飛行機に乗らないと貯まらない」というイメージがありますが「日常生活」で貯まります。

(⇒私は世界一周旅行ができるくらいのマイルを半年で貯めることができました。

詳しくは姉妹サイトで詳しく解説しています。 >>>マイル部はこちら )

 

 

クレジットカードで貯めたポイントは各カード会社によって違いますが、

各種サービスや商品券などに交換することが出来ます。

 

マイルは主に航空券と交換するときに高還元率の威力を発揮してきます(特にファーストクラス)。

ANAやJALなどのマイルを提携している飛行機に乗っても貯まります。

 

ポイントのメリットは幅広い商品に使えることであり、

マイルのメリットはビジネスクラスの特典航空券に交換するなど、

使い方によっては1マイル=5円相当の価値があるということです。

 

2013年4月のANAマイルの改悪や、LCCの普及で航空券自体安く手に入るようになったので、

最近は「ポイント」を貯める人が増えてきました。

日常のカードで「マイル」を貯めるのか「ポイント」を貯めるのか、

どちらかに絞ったほうが結果的に貯まるので、まずはどちらにするかを決めましょう。

 

それはたった一つの質問で分かります。

「レガシーキャリアに乗るか乗らないか?」です。

逆に言うと「LCCを中心に使うか使わないか?」です。

 

レガシーキャリアをメインに乗るのであればマイルを、

LCCをメインで旅したいのであればポイントを貯めるのが良いでしょう。

またマイルよりも、格安ツアーのほうがお得なケースがあります。

 

マイルはその気になれば、飛行機に乗らずとも無料で貯めることもできますよ。

詳しくはマイル部を熟読してくださいね。

 

マイルを貯める方法・カードはこちら(マイル部)

【 ポイントが貯まるカードはこちら 】

 

 

 

高還元率クレジットカードナビ!クレカを選ぶ3つのポイント

最強クレジットカードを選ぶ3つのポイント

 

クレジットカードと言っても数百種類は流通しているので、どれが自分に合ったカードか迷いますよね。

クレジットカードで効率的にポイントを貯めるにはメインカードを決定し、それを徹底的に活用することが有効です。

そして、そのメインカードを補うように自分の趣味や目的に合わせたサブカードを作ると良いでしょう。

 

「海外旅行」で使うためにおさえておきたい3つのポイントは、

 

1、高還元でポイントを貯めよう=メインカードを決定する

2、国際ブランド別のカードを複数枚持つ

3、海外旅行保険付帯のものを選ぶ

クレジットカード国際ブランド

 

 

(※主な国際ブランド)

 

今なら「新規入会特典」がもらえてオトクです。

高還元で得するクレジットカードまとめ 】

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

 

 

あなたに合った”最強クレジットカード”の選び方

 

あなたにぴったりのクレジットカードの選び方が分かります。

 

1、普段、何に一番お金を使っていますか?

 

メインカードを決定するために、まずは自分が普段どこでどんなものに一番お金を使っているか簡単に考えましょう。

大きく3つに分けると、

・ 交通系(旅行、車、定期など)、

・ 街ショッピング系(スーパー、コンビニ、百貨店など)、

・ ネット・通信系(携帯代、ネット通販など)です。

高還元率のカードの中から、自分がよく使うサービスでボーナスポイントが貯まるカードを選択しましょう。

>>>ホテルグレードUP&マイルが貯まる「旅好き最強カード」(マイル部)

 

 

2、年間クレジットカード利用額から考える

 

「普段、何にお金を使っているか」、「クレジットカードの年間利用額」の2点を参考に考えましょう。

 

あまりカードを使わない人は年会費無料のクレジットカードがベターです。

年会費が有料のカードを選ぶ場合は、年間カード利用額が”年会費✕100倍”になるかがポイントです。

例えば、年間利用額が200万なら、年会費2,000円くらいのカードを選んでも元が取れることでしょう。

 

詳しくは下記のページにクレジットカードをまとめたので、自分に合ったものをセレクトしてくださいね。

今なら「新規入会特典」がもらえてオトクです。

高還元で得するクレジットカードまとめ 】

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

 

 

▽初めての一枚に楽天カードはお勧めです

imgres楽天カード  年会費無料

ポイント還元率:通常1%,楽天市場4%〜,加盟店3%

特に”楽天系サービス、ENEOS、JOMO、EDY”を使う人に

旅行保険利用付帯

ブランド:VISA MASTER JCBから選択可能

 

楽天カードは年会費無料で最も人気のあるカードです。

通常でも1%のポイント還元、楽天でのショッピングで4%以上、ガソリンスタンドなどで2~3%、

ディへのチャージでもポイントが貯まります。

ポイントの使い道は楽天ポイントは楽天モールや楽天トラベルでも利用可能、

マイルへも交換出来たりと使い道が広いです。

マルチに使える非常に優秀なカードと言えるでしょう。

デメリットとしては特別キャンペーンで手にしたポイントに関しては期間限定であったり、

カスタマーが有料サービス(フリーダイヤルではない)であったりする点です。

楽天カードはこちら 】

 

 

⇒お勧めのクレジットカードをまとめました。

今なら「新規入会特典」がもらえてオトクです。

 

高還元で得するクレジットカードまとめ 】

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

 

 

 

 

2枚目に持ちたいクレカの選び方!海外旅行には複数枚のクレカを

メインカードと異なるサービスや特典があるサブカードを選ぼう

 

複数枚持つことで、よりメリットがあるクレジットカード。

まず「海外旅行保険の補償枠も合算(死亡保障除く)」され、

異なるカードブランドを持つことで「利用可能店舗」が増えます。

さらに異なる特性のカードを選べば「幅広い特典」を受ける事ができます。

 

メインカードが決まったら、サブカードは「ブランドの違うもの」(メインがVISAならサブはJCBなど)、
尚かつ「異なるサービスや特典があるカード」を選ぶようにしましょう。

 

例1:楽天カードは海外旅行保険が利用付帯だから、自動付帯のカードを作ろう。

例2:普段の買い物は大体イオンモール。5%優待デーのあるイオンカードにしよう。

例3:高還元率カードにないステータスや空港ラウンジも使いたいのでゴールドカードにしよう。

高還元で得するクレジットカードまとめ 】

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

 

 

オールラウンドなサブカードはコレ!

 

1、「高還元率カードの中から2枚を選ぶ」
楽天カードリクルートカードプラス

 

 

 

 

 

 

年会費無料の「楽天カード」と別のクレジットカードという組み合わせが相性が良いでしょう。

例えば、普段は1.2%の還元率を誇るリクルートカード(MasterCard)で決済し、

楽天系のサービスを使う時は楽天カード(VISA)で決済するという方法です。

海外旅行保険は(利用付帯)死亡保障以外は金額が合算されます。

2枚あるとメインのカードのブランドが使えないお店での支払いにも役に立ちます。

高還元で得するクレジットカードまとめ 】

 

 

2、「普段のお買い物で一番お金を使っているお店のカードをつくる」

 

そのお店では高還元率になったり様々な特典を受ける事が出来るからです。

多くの人にとって、一番利用頻度の高い「スーパー・コンビニ」のカードを紹介します。

 

イオンカード

イオンカード (ワオン一体型) 年会費無料

食料品や日用品をイオン系列のスーパーで買い物をするのでしたら、5%割引になる感謝デーがあり、ワオンも使えるイオンカードの申込を検討しましょう。

イオンカードセレクト(キャッシュカード&WAON一体型)

 

ファミリーカードを多く利用する場合は、「ファミマカード」もお勧めです。

高還元で得するクレジットカードまとめ 】

 

 

ゴールドカードでワンランク上の特典を

 

サブカードで一番お勧めするのは、可能でしたらゴールドカードか、ステータスカードを作ることです。

ここでは比較的審査の通りやすいゴールドカードを紹介します。

 

ゴールドカードには通常のクレジットカードにはないワンランク上の特典を受ける事ができます。

 

国内・海外の空港ラウンジを使えたり、海外旅行保険の保証内容がアップしたり、

場合によってはゴールドカードでもホテルでランクアップしてくれることもあります。

 

日常では高還元率カードの恩恵を受け、海外旅行ではゴールドカードをうまく使いましょう。

空港ラウンジが使え、高還元率カードよりも高い旅行保険補償額があるお勧めは下記の通りです。

目安として年間2度以上、空港を利用する人なら持っていて損はないでしょう。

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

 

 

1、20歳でもつくれるゴールドカード

JCBGOLDJCB GOLD EXTAGE  年会費初年度無料/翌年3,150円

国内主要空港のラウンジが使え、死亡保障は最高5000万円、傷害・疾病治療200万円、携行品損害50万円まで保障されます。(利用付帯)

メインカードでVISAのブランドを持っているなら、JCBエクステージが良いです。

 

 

 

三井住友プライムカード   年会費初年度無料/翌年5,250円三井住友VISAカード

国内主要空港のラウンジが使え、死亡保障は最高5000万円、傷害・疾病治療300万円、携行品損害50万円まで保障されます。(自動付帯/一部利用付帯)

年会費はWEB明細とマイペイスリボの利用により、1,575円まで下がります。

 

 

2、30歳以上なら、定番の三井住友ゴールドカードがオススメです。

三井住友VISAカード三井住友ゴールドカード 年会費初年度無料/翌年10,500円

年会費は初年度無料。翌年からは通常10,500円かかりますが、WEB明細とマイペイスリボの利用で4,200円まで下がります。それでいてショッピングガード保険や国内主要空港のラウンジが使えます。死亡保障は最高5000万円、傷害・疾病治療300万円、携行品損害50万円まで保障されます。(自動付帯/一部利用付帯)

 

 

 

3、世界の空港ラウンジも使いたいなら、迷わず楽天ゴールドカード!

楽天ゴールドカードプライオリティパス

 

年会費は初年度から10,500円必要なものの、世界中の空港ラウンジが使える

プライオリティパス(40,000円相当!)が付いてくる破格のカード。

楽天カードの高還元は変わらず、ゴールドカードだけの選べるコースがあり、

「お買い物コース」を選べばさらに楽天でポイントが貯まり、

「トラベルコース」なら楽天トラベルでのポイントUPや手荷物を空港まで無料配送してくれます。

死亡保障は最高5000万円、傷害・疾病治療200万円、携行品損害100万円、最高300万円までの動産保険まで保障されます。(自動付帯)

高還元率+世界の空港ラウンジを安く利用したいのであればこのカード一択です!

楽天カードゴールドカードはこちら 】

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

 

 

外貨両替手数料比較表!手数料を500円にする裏技

両替にかかる手数料を比較!

 

 

海外旅行の際にどこで両替したら良いか悩みますね。

ここでは手数料が一番安いおすすめの両替方法をお伝えします。

 

 

両替する金額によってオススメが異なってくる

 

両替は「通貨」「両替額」によって変わってきます。

 

少額の場合、手数料をそんなに気にする必要はありませんので、

 

1、少額の場合はクレジットカードのキャッシングで引き出す

2、ドルやユーロの場合は国内で必要分を両替する

 

特にクレジットカードでのキャッシングは現金の両替よりもレートが良い場合が多いので、

現地ATMを利用して、キャッシングをすることをおすすめします。

 

まとまったお金を両替する場合は、もっとオトクな方法があります。

それはFX会社を利用した両替です。

 

 

FX口座/クレカ/国際キャッシュカード/銀行の両替手数料を比較

 

FX口座やクレジットカード、国際キャッシュカード、銀行の両替手数料を比較しました。

それぞれ、100ドル、1,000ドル、100ユーロ、1,000ユーロを手に入れるために、いくら必要かを表にしました。

 

単位(円)  1ドル=100円、1ユーロ=150円で計算。キャッシングの手数料は一括で返済した場合の平均値。

100ドル 1000ドル 100ユーロ 500ユーロ
FX会社 10,520 100,700 15,520 150,700
クレカキャッシング 10,363 103,630 15,544 155,445
クレカショッピング 10,366 103,662 15,447 154,477
国際キャッシュカード 10,566 105,662 15,947 159,477
銀行で両替 10,270 102,700 15,405 154,050

 

少額であれば、手数料はさほど変わりませんが、

1,000ドルや1,500ユーロになってくると、数千円も変わってきます。

>>>クレジットカードナビ はこちら

>>>国際キャッシュカード・デビットカードナビ はこちら

 

 

外貨両替はFX会社「マネーパートナーズ」がオススメ!

 

moneypartners

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の表を見て分かる通り、まとまったお金(700ドル程度~)の両替なら、マネーパートナーズがおトクです。

事前に申し込めば、成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港で外貨を受けとることが出来ます。

もちろん、FXの口座を作ったからといって取引を全く行わなくてもOKです。

 

  • レートは1ドル当たり+20銭/両替1回につき500円の手数料のみ!
  • 4空港で受け取り可能!
  • 米ドル、ユーロ、ポンド、フランの4通貨OK
  • 申込から最短8日間必要

 

マネーパートナーズは1ドル当たり20銭+500円/回という破格の手数料で両替出来ます。

一度、口座の開設をすれば、インターネットで気軽に申し込み可能です。

ただし、申し込みには最短で8日、最長で15日程度必要なので出発が決まったら早めに申し込みをしましょう。

 

大きな買い物の予定がある方は、マネーパートナーズで両替して現地通貨を持っていくと、

数千円おトクになりますよ!

小額であれば現地のATMでキャッシングで、

まとまったお金は「マネーパートナーズ」でと覚えましょう。

 

>>>最安値で両替!マネーパートナーズ はこちら

 

 

海外旅行保険の申込前に確認するべき4つのポイント

海外旅行保険加入前に確認しておきたい4つのポイント

 

海外旅行に保険加入は必須です。出発前に海外旅行保険のポイントをもう一度確認をしましょう。

 

  • 1、クレジットカードの保険を確認しよう!「利用付帯」?「自動付帯」?
  • 2、保険内容を確認しよう!「傷害・疾病」の保障額に注意!
  • 3、「キャッシュレスサービス」が対応しているか
  • 4、子供・年配者は特に注意

 

クレカを持っている場合は確認しよう!

 

クレジットカードの保険は持っているだけで自動的に加入になる「自動付帯」と、

公共交通機関やツアー代金をカードで支払ったときに適用される「利用付帯」があります。

 

「利用付帯」の場合、適用されるためには一定の条件があります。

「利用付帯」であるカードの適用条件は、

「公共交通乗用具」、または「募集型企画旅行」の料金をカードで支払うことです。

つまり、ツアー代金や航空券、船舶、電車、リムジンバスなどをカードで支払えば適用されます。

 

ツアー代金などをカードで支払い忘れた場合は、

空港までの公共交通機関の運賃をカードで支払うと良いでしょう。

適用条件はカード会社によって異なることもあるので、念のため確認が必要です。

 

 

「傷害・疾病」が一番大事

 

次に旅行保険で一番注目されがちなのは「死亡・後遺障害」ですが、起こる確立が極めて少ないです。

海外旅行保険で最も重要なのは「傷害・疾病」の項目です。

 

この項目は、医療費が10割負担となる海外では高額な治療費を請求される場合があるので、高めに設定しておきましょう。

旅行する地域により異なりますが、最低200万円以上、できれば300万円以上が望ましいです。

 

 

キャッシュレスサービスは対応している?

 

海外では特別な医療サービスを受けることになるような場合、

現金(保証金)を持っていなければ、受け入れてくれない病院もあります。

 

そんな時に役に立つのが、保険会社の「キャッシュレスサービス」。

保険会社が直接医療機関へ医療費を支払ってくれるため、現金が必要ありません。

 

スリや置き引きが多い国、治安が悪いとされる地域への渡航不衛生な国(お腹あたります・・・)、

アメリカなど医療費が高い国などでは無保険で旅行せず、確実に加入するようにしましょう。

 

 

子供や年配者は特に注意

 

子供や年配者の場合はさらに病気やトラブルが起こる確立が高くなりますので、特に注意が必要です。

家族特約が付帯するクレジットカードは、ファミリーで旅行する場合に重宝するでしょう。

 

 

「年会費無料、家族特約、キャッシュレス」が付いたクレカはコレ!

 

初年度年会費無料、海外旅行保険家族特約、キャッシュレスサービスがついたカードはこちらです。

初年度年会費無料ですから、家族と旅行される方に特におすすめのカードです。

 


セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードはこちら

 

三井住友VISAゴールドカードはこちら
VISA


 

 

 

 

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

>>>海外旅行保険ナビ

 

 

 

香港空港ラウンジ|プライオリティパスで無料利用可!

香港空港のラウンジは最高です!

 

今回ご紹介するのは、香港国際空港内にある「PREMIUM PLAZA LOUNGE(プレミアムプラザラウンジ)」です。

プライオリティパスやダイナースクラブカード会員は無料で利用できるラウンジです。

続きを読む

関空のKAL大韓航空ラウンジはプライオリティパスで入場OK

エグゼクティブラウンジを無料で利用しよう

 

今回紹介するのは、プライオリティパスやダイナースクラブカード会員が無料で利用できる

関西空港内にあるプレミアムラウンジ「KAL(大韓航空)ラウンジ」です。

 

続きを読む

注目記事

▼旅好最強カード▼