‘両替’に関する記事一覧

海外旅行では少額紙幣を用意しよう!両替所で使えるフレーズ

海外では高額紙幣が使えないことも!?

 

日本では数百円の買い物に対して一万円札を出しても普通にモノを買えますが、

海外では日本円で数百円程度のものを買うのに、高額紙幣を差し出すと使えないといったことも少なくありません。

日本ではお店がお釣りを用意するのが当たり前ですが、海外では多くの国で客側が用意することが慣例となっています。

そこで街へ出る前に少額紙幣を用意するようにしましょう。

 

 

両替所で使えるフレーズ・少額紙幣の注意事項

 

少額紙幣は信頼のできる空港の両替所などで行いましょう。

両替の際に渡されるのは大体高額の紙幣です。

そこで覚えておきたいフレーズがあります。

 

高額紙幣を渡しながら「スモールチェンジ プリーズ」と言いましょう。

これで少額紙幣に両替してくれます。

 

またウォンやリラなど単位の大きいお金は、支払い時に間違わないようにしましょう。

また高額紙幣で支払った場合でお釣りを受け取るとき、

単位が大きく分からないことをいいことに誤魔化される場合がありますので、注意が必要です。

 

 

Tags: ,

ドルは世界の基軸通貨!海外旅行にドル札を持っていこう

海外旅行の現金はUSドルを持ち歩こう

 

海外旅行ではクレジットカードが重宝します。

クレジットカードはマイルやポイント、付帯保険などで旅費の節約になるばかりではなく、

現金にある盗難リスクも電話一本でカードを凍結できるので、被害の拡大も防げます。

またカードの種類によっては紛失しても現地で発行できることもあるので、

お金がなくなって旅行できなくなるということを回避できる可能性があります。

 

しかし、クレジットカードだけで全部済ませようというのには無理があり、

チップなどを含め現地通貨を持ち歩かなければなりません。

 

ATMでキャッシングをすればレートも良いですが、地方に行くとATMがなかったり、使えなかったりします。

そんなときにあれば便利なもの、それは世界でも最も強い通貨「USドル」です。

 

海外旅行では日本円よりもUSドルを持ち歩こう

 

「日本円」も世界的に強い通貨ですが、もっとも頼りになるのは「USドル」です。

 

「USドル」があれば世界中で現地通貨に両替できるので、持ち歩く現金として日本円よりも重宝します。

特に地方へ行く際はお守り変わりに数十ドルを持ち歩くのをお勧めします。

(※欧州ではユーロ、ポンド、スイスフランなどでも良いでしょう)

 

日本円→USドル→現地通貨となるので、気になるのが両替手数料。

そこで海外旅行へ数回行くのであれば、マネーパートナーズを利用して日本円から両替し、

USドルを現金でいくらか持っておくのが良いでしょう。(マネーパートナーズは手数料が非常に安いです)

一度、交換しておけば、次回の旅行からもUSドルから現地通貨へ両替するのがベストです。

旅行にも日本円ではなく、ドルを持っていくとより安心です。

 

旅行の話しとは異なりますが「日本は大借金しているので、国が破綻するかもしれない」という話しもあります。

それが真実になるかどうかは別にして、「一通貨だけを持っておく」というのではリスク(財産を失います!)ですから、

何かあったときのために「複数通貨」を持つという意味でも、いくらかのUSドルは持っているほうが良いでしょう。

 

「おトク」に両替するなら、こちらの記事を参考にしてください。

>>>両替ナビ

 

 

【日本最安】外貨両替はマネーパートナーズで決まり!

2万円以上の外貨両替は迷わずマネーパートナーズ!

 

マネーパートナーズとは?

 

東証一部上場のFX会社。

FXといっても取引をする必要はなく、海外旅行者向けの両替口座に特化して利用可能です。

ネット銀行のように口座開設をして、外貨を国内の主要空港で受け取ることができます。

>>>マネーパートナーズはこちら 

 

どれくらいオトク?

 

10万円両替時に、銀行窓口と手数料を比べると、、、

 

moneyexchange

※公式HPより

 

1ドル当たり+20銭、両替1回につき500円の手数料のみなので、

両替すればするほどお得です。(通貨によって計算方法が異なります)

口座開設も維持費も全て無料です。

 

マネーパートナーズの両替手順

※公式ホームページより

 

一度口座開設をしてしまえば、次回からは手続きがとっても簡単です。

ただし、受け取りまで最短8日必要のため、手続きはお早めに。

 

マネーパートナーズまとめ

 

1,口座開設・維持費は無料

2,手数料は1$につき20銭+1回につき500円のみ(※日本最安)

3,取り扱いは5通貨のみ(米ドル、ユーロ、ポンド、フラン、ウォン)

4,受け取れる空港は主要4空港(成田、羽田、名古屋、関空)

5,最短で8日間かかるので、早めに申し込みを

 

FXを取引をする必要はありませんので、外貨両替専用口座として開設しておきましょう。

申し込みやPC操作で迷っても無料サポートがあるので安心です。

 

>>>申し込みはたったの5分で完了!口座開設無料・マネーパートナーズ

Tags: ,

海外旅行、お金の持って行き方入門

海外へはクレジット+現金が基本!お金の持って行き方入門

 

昔は現金の一択でしたが、その後にトラベラーズチェックが登場。

現在はクレジットカード・国際デビットカード・国際キャッシュカードなどの選択肢があり、

必要な分だけを現地のATMで引き出せば良いので、大金を持ち歩かなくても良くなりました。

 

現金からの両替をするにしても、日本で行うのか、現地で行うのかで違うし、

トラベラーズチェックならば円建てにするのかドル建てにするかで変わってきます。

 

ATM利用の場合、機械独自の手数料を取る事もあるし、

カード会社毎に違う独自のレートへの上乗せ料・引出手数料・金利などを考慮しないといけないので、

お金一つにとっても様々な手段があって頭を悩ませます。

 

 

クレジットカードのショッピングとキャッシングの手数料

 

一般的な考え方で行くと、一番良いのはクレジットカードで支払いをすると、レート+2%前後が相場です。

次にクレジットカードでキャッシングをしても、一括返済をすればレート+2%の上乗せ+若干の金利なので、

現金を手にすることに関してはレートが良いですが、近年引き出し手数料を取るATMが増えてきています。

 

 

クレジットの審査が通らなければ国際デビットカード

 

国際キャッシュカードは合計4%前後、国際デビットカードは合計3%程度なので、国際デビットカードがお得。

デビットカードとはクレジットカードの国際ブランドがついているのに、即時口座から引き落としがされる方式のため、

クレジットカードの審査が通らない人でも発行出来る可能性が高いです。

 

 

まとめ

 

FX口座 > クレジットカード > 国際デビットカード > 国際キャッシュカード

これらのことは使う予算が多ければ多い程、自分にどれが一番合っているか見極めが必要ですが(関連記事:両替について)、

短期旅行であれば手数料も少しの額なので、そこまで頭を悩ませなくても良いでしょう。

短期旅行などでは現金を現地の空港で両替し、安全なお店ではクレジットカードで支払うというスタイルが一般的です。

 

 

外貨両替手数料比較表!手数料を500円にする裏技

両替にかかる手数料を比較!

 

 

海外旅行の際にどこで両替したら良いか悩みますね。

ここでは手数料が一番安いおすすめの両替方法をお伝えします。

 

 

両替する金額によってオススメが異なってくる

 

両替は「通貨」「両替額」によって変わってきます。

 

少額の場合、手数料をそんなに気にする必要はありませんので、

 

1、少額の場合はクレジットカードのキャッシングで引き出す

2、ドルやユーロの場合は国内で必要分を両替する

 

特にクレジットカードでのキャッシングは現金の両替よりもレートが良い場合が多いので、

現地ATMを利用して、キャッシングをすることをおすすめします。

 

まとまったお金を両替する場合は、もっとオトクな方法があります。

それはFX会社を利用した両替です。

 

 

FX口座/クレカ/国際キャッシュカード/銀行の両替手数料を比較

 

FX口座やクレジットカード、国際キャッシュカード、銀行の両替手数料を比較しました。

それぞれ、100ドル、1,000ドル、100ユーロ、1,000ユーロを手に入れるために、いくら必要かを表にしました。

 

単位(円)  1ドル=100円、1ユーロ=150円で計算。キャッシングの手数料は一括で返済した場合の平均値。

100ドル 1000ドル 100ユーロ 500ユーロ
FX会社 10,520 100,700 15,520 150,700
クレカキャッシング 10,363 103,630 15,544 155,445
クレカショッピング 10,366 103,662 15,447 154,477
国際キャッシュカード 10,566 105,662 15,947 159,477
銀行で両替 10,270 102,700 15,405 154,050

 

少額であれば、手数料はさほど変わりませんが、

1,000ドルや1,500ユーロになってくると、数千円も変わってきます。

>>>クレジットカードナビ はこちら

>>>国際キャッシュカード・デビットカードナビ はこちら

 

 

外貨両替はFX会社「マネーパートナーズ」がオススメ!

 

moneypartners

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の表を見て分かる通り、まとまったお金(700ドル程度~)の両替なら、マネーパートナーズがおトクです。

事前に申し込めば、成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港で外貨を受けとることが出来ます。

もちろん、FXの口座を作ったからといって取引を全く行わなくてもOKです。

 

  • レートは1ドル当たり+20銭/両替1回につき500円の手数料のみ!
  • 4空港で受け取り可能!
  • 米ドル、ユーロ、ポンド、フランの4通貨OK
  • 申込から最短8日間必要

 

マネーパートナーズは1ドル当たり20銭+500円/回という破格の手数料で両替出来ます。

一度、口座の開設をすれば、インターネットで気軽に申し込み可能です。

ただし、申し込みには最短で8日、最長で15日程度必要なので出発が決まったら早めに申し込みをしましょう。

 

大きな買い物の予定がある方は、マネーパートナーズで両替して現地通貨を持っていくと、

数千円おトクになりますよ!

小額であれば現地のATMでキャッシングで、

まとまったお金は「マネーパートナーズ」でと覚えましょう。

 

>>>最安値で両替!マネーパートナーズ はこちら

 

 

注目記事

▼旅好最強カード▼