‘予約’に関する記事一覧

注意!航空会社の二重予約(ダブルブッキング)は御法度です

パックツアーや航空券の二重予約に気をつけよう

 

 

魅力的な二つのツアーがあって決め兼ねて両方に予約を入れたり、

GWや年末年始の席が取れないかもしれないと複数の旅行会社に予約を入れたりと、

悪意のない二重予約でも、実際はトラブルの原因の元です。

二重予約をするとどんなリスクが存在するのでしょうか。

 

 

航空券の二重予約が厳禁な理由

 

一定期間に同一人物とみられる者から航空会社に予約が入ると、

ダブルブッキングとみなされ、すぐさま旅行会社へ連絡が入ります。

 

そこで旅行会社も申し込みをした本人に確認をするわけですが、

「キャンセル料が発生する前だから」と、申込者本人がA社とB社の二つを迷っていて決めかねるような場合、

突然、航空会社から二件とも予約がキャンセルされる場合があります。

 

一度キャンセルされれば、いくら話しても元には戻りません。

席数が残っていればまた取り直せばいいのでしょうが、繁忙期ではなかなか難しいもの。

そういったことのないように、ダブルブッキングをする際は十分注意しましょう。

どうしてもという場合は、旅行会社に正直に相談すると良いでしょう。

 

 

海外格安航空券を購入するなら一括比較ができる予約サイトがお勧め!LCC対応

24時間空席紹介&予約が出来るサイトが便利

 

航空券が予約できるのは各航空会社のホームページや、

格安航空券を取り扱う旅行代理店、比較が出来るサイトなど、

どこで購入したら良いか迷ってしまうことでしょう。

そこでトラベラーズナビがオススメの航空券予約サイトを紹介します。

 

航空券は「運賃」とは別に「燃油代」、空港税や手配費用などの

「税金・手数料」が別途必要がかかる場合が殆どです。

 

運賃を安く表示し、その他費用をあとで「総額表示する」サイトもあるため、

これら費用の「総額」で判断するようにしましょう。

 

 

Expdiaが安く分かりやすい!

 

expediaair

※Expedia

 

  • 総額表示されるため分かりやすい
  • 空席有りだけを高速検索
  • ホテルとセットで取るとさらに安い

 

海外旅行初心者にお勧めなのは、エクスペディア。

総額表示で分かりやすく、航空券単体でも格安です。

「ホテル」も一緒に取るなら多くの場合で「最安値」になるでしょう。

 

私はさらにアメックスのカードを持っているため、

エクスペディアでホテルを予約すると8%の優遇を受けることが出来るため重宝しています。

>>>エクスペディアはこちら

 

 

手配力が自慢の「イーツアー」

 

 

etour

イーツアー

 

  • 格安航空券は約20,000件と日本最大級の豊富さと手配力!
  • オンラインでいつでも24時間空席照会&スケジュール確認と予約が出来る
  • 営業日なら、出発日前日の15時まで手配可能!
  • ポイントも貯まり、Gポイントにも交換可能

 

海外航空券を探すなら、イーツアーを訪れるのが良いでしょう。

取扱数が豊富なので航空券が見つかりやすく、予約までの手続きもシンプル。

営業日なら前日の15時まで手配可能なことも魅力です。

>>>イーツアーはこちら

 

 

LCCを探すなら「スカイスキャナー」

 

skyscanner

スカイスキャナー

 

  • LCC含む、世界のほぼ全区間の航空券を一括検索可能
  • 諸税等を含めた総額が表示される
  • 実際の予約は英語であったり、ユーロ建て決済になる場合もある

 

旅慣れた人ならスカイスキャナーがお勧め!

LCCの航空券を探す場合や渡航先での航空券予約に威力を発揮するサイト。

旅行会社代理店とも提携しており、格安航空券が見つかる場合も。

実際の購入になると、リンク先で英語のサイトで予約が必要だったりと、

英語が全くダメな人には少々使い辛いかもしれません。

>>>スカイスキャナーはこちら

 

海外レンタカーを比較・格安予約サイトと保険の種類一覧

海外レンタカーの予約と自動車保険の知識

 

 

観光地を周遊し楽しむために、あったら便利なのがレンタカー。

3~4人が集まれば費用も格安ですし、公共交通機関が発達していない地域では待ち時間の節約にもなります。

ここでは海外でレンタカーを利用するために知っておきたい保険の知識と

レンタカーを日本語で比較して予約できるおすすめサイトを紹介します。

海外レンタカー比較検索する/楽天トラベル 】

 

 

自動車保険の種類を知っておこう!

 

海外旅行保険では運転時の自分のカラダやモノへの補償は受けることができますが、

クルマや相手に対して補償はされません。

レンタカーでは強制保険に加えて「任意保険」があります。「任意保険」を理解して、必要なものは加入しましょう。

 

☆強制保険

 

●自動車損害賠償保険(LP、LI、PP)

対人や対物を補償する保険で、レンタカーを契約すると自動的に加入することになっています。

 

☆任意保険

 

●追加自動車損害賠償保険(SLI、ALI、LIS、EP)

自動車損害賠償保険の補償額をアップする保険です。

強制保険の補償額が低いアメリカ(ハワイ)などでは加入しているほうが良いでしょう。

 

●自車両損害補償制度(LDW、CDW)

衝突や当て逃げなどにより車が破損・損傷した場合に支払いを免除する保険です。

発生頻度が高いため、こちらも加入することをおすすめします。

 

●搭乗者傷害保険および携行品保険(PAI、PAE、PPP)

事故のあったドライバーや同乗者に対する治療費の保険です。

そのほかに携行品損害なども保障してくれます。

海外旅行保険と重なる部分があるので、こちらは必要に応じて加入しましょう。

 

●レンタカー盗難保険(TP)

その名の通り、車両が盗難にあった場合に免責される保険です。

盗難が多発する地域では加入をオススメします。

 

レンタカー特集

 

 

海外レンタカー予約は楽天トラベルに決まり

 

海外レンタカーは世界6000箇所以上の地域で最安値を比較・予約出来る「rentalcars.com」がオススメです。

日本では楽天トラベルが提携しており、比較検索した上で予約が簡単にできます。

 

  • 世界6000以上の営業所を検索可能
  • 最安値保証(提携レンタカー会社最安値を自動比較)
  • キャンセルや変更もオンラインで簡単

 

世界のあらゆる地域のレンタカー会社と提携しているので、その地域での最安値を比較し、予約することが出来ます。

2,000万人以上の会員数を誇る、世界最大級のレンタカー予約サイトです。

 

自動比較してくれるため「格安料金」。ハワイ(ホノルル空港)でも2,500円~あります。

提携会社はエビス、バジェット、アラモ、ヨーロッパカー、ハーツなど大手レンタカー会社ばかりで、

保険も付き、日本語対応するなど、サポートも万全なので安心です。

海外レンタカー比較検索する/楽天トラベル 】

 

 

注目記事

▼旅好最強カード▼