エクスペディアが10%off

海外ホテル&海外ツアー世界最安のエクスペディア。さらにお得に予約する方法!
>>>エクスペディア(Expedia)完全ガイド

日本最安!外貨両替ガイド

手数料93%オフ!? 意外に知られていない最もお得な両替方法!
>>>どこりよりもお得に両替する

海外旅行保険が無料!?

持っているだけで海外旅行保険が自動付帯する無料のカードはコレ!
>>>旅行の度に数千円お得

海外旅行”超便利グッズ”

海外旅行に役立つ&持っていきたい「あったら便利」なツールが勢ぞろい!
>>>便利なモノ、集めました

‘保険’に関する記事一覧

海外旅行保険でこれだけ違う!旅行保険の基礎知識

title:知っておきたい海外旅行保険!

渡航先で病気や事故、トラブルが起きると大変。

予防策も大事ですが、万が一のときのために
旅行の際に必ず入っておきたい海外旅行保険。

「大丈夫やろ。」と、
保険のことを何も考えないでハワイに行って、
盲腸にかかったとしよう。

現地で盲腸の手術を受けるには150~250万円必要です!
さらに、高額の現金をデポジットとして払えない場合、
手術されず放置・・・なんてこともある。

また旅行会社に勧められるがままの保険に加入したり、
空港で選択肢のないパックプランの保険に加入すると、
結構な料金がかかってくる。

一生に一度の旅行であればまだ良いが、
これから定期的に海外へ行くのであれば是非知っておきたい基礎知識だ。

ポイントは主に2点だけある。
1、クレジットカードに付帯している保険を利用する。
2、クレジットカードの付帯保険を補うように必要なものだけを
選択するフリープランへ加入する。

海外旅行保険を表にまとめてみた。

「死亡」というものはあなたに起きる確立が少ない。
それよりも「病気や事故」に合う確立のほうが高く、
「携行品損害」(持ち物が壊れたりすること)は最も起きる可能性が高い。

保険で大事なことは「実際に困ったときに補償してくれること」なので、
渡航先や自分の旅行スタイルによって必要なものを選択したい。

例えば、最も医療費が高いアメリカへ行く場合は、
「治療・救援費用」を高めに設定したいし、
強盗や盗難が多い国では「携行品損害」に保険料を掛けたい。
(iPhoneのひったくりも多数報告されているが、5-8万円する高級品だ)

賢者は一度の旅行で保険金額が数千円も変わってくるのだ。

尚、旅行会社からパックツアーを申し込んだ場合、
手荷物が上限15万円まで補償されるということをご存知か?

クレジットカードや保険について詳しくはこちらを読んで欲しい。

ありがとう!

例えば、海外で盲腸の手術費と、救急車を呼んだ場合のおよその費用をみてみよう。
(※日本語が通じたりと、旅行者でも安心な医療機関の場合)

ハワイ・・・盲腸250万円、救急車5万円
ロンドン・・・盲腸150万円、救急車0円
オーストラリア・・・盲腸80万円、救急車6万円

日本で盲腸になった場合は健康保険の適用で自己負担は10万円、救急車は0円だ。

渡航中に予期せぬ病気や事故に合うと大変!
もちろん、日本の健康保険が適用されるわけではないので、全額自己負担である。

しかも、外国の病院で盲腸などの手術にかかる場合、
多額の現金(デポジット)を預けないと手術しないで放置されるなんてザラ。

海外旅行中に病気やケガ・犯罪に巻き込まれたら。トラブル対策一覧

万が一、何か起きたら。海外旅行トラブルマニュアル

 

海外では日本で暮らしているときよりも、病気になったり、犯罪に巻き込まれたりする確率が高くなります。

「無事」ということが一番ですが、「万が一」のときのために、最低限知っておきたい知識です。

 

「万が一のとき」のトラブル対策

1、暴行、性犯罪などに巻き込まれたら

身の安全を確保しましょう。そして「警察」へ連絡をしましょう。

命を第一優先に考え、身体にケガがある場合は、病院までの運搬手段も確保しましょう。

この時に海外旅行保険に加入した保険会社へ連絡すると、キャッシュレス対応してくれる場合があるのでスムーズです。

 

2、スリ、置き引きなど

クレジットカードや携帯電話などを盗られたに紛失した場合は、いち早く連絡して停止してもらいましょう。

相手はプロなので、すぐに現金化をする術を知っています。

通常、不正利用の保険はクレジットカードにはあっても、携帯電話にはありません。

そのため、少しの遅れが高額請求の元になります。

出発前にクレジットカード会社や携帯電話会社などの緊急連絡先を一覧にしておきましょう。

 

3、保険会社に請求するために

まずは警察に連絡し、被害届(ポリスレポート)を作成してもらいましょう。

保険会社に連絡し、あとは指示に従ってください。

盗難などの補償は購入時のレシートなどが必要な場合がほとんどです。

盗まれる可能性のあるもの(特にカメラ、スマホなど)の領収書は自宅で保存か、データ化をしておくことをオススメします。

海外レンタカー予約ナビ!おススメ格安予約サイト&保険の種類一覧

海外レンタカーの予約と自動車保険の知識

 

特にクルマ社会のアメリカ(ハワイ等)や観光地の周遊などにあったら便利なのがレンタカー。

3~4人が集まれば費用も格安ですし、公共交通機関が発達していない地域では待ち時間の節約にもなります。

ここではレンタカーを日本語で比較して予約できるおすすめサイトを紹介します。

 

海外レンタカー予約はrentalcars.comに決まり

海外レンタカーは世界6000箇所以上の地域で最安値を比較・予約出来る「rentalcars.com」がオススメです。

  • 世界6000以上の営業所を検索可能
  • 最安値保証(提携レンタカー会社最安値を自動比較)
  • キャンセルや変更もオンラインで簡単

世界のあらゆる地域のレンタカー会社と提携しているので、その地域での最安値を比較し、予約することが出来ます。

2,100万人以上の会員数を誇る、世界最大級のレンタカー予約サイトです。

自動比較してくれるため「格安料金」。ハワイ(ホノルル空港)でも2,500円~あります。

提携会社はエビス、バジェット、アラモ、ヨーロッパカー、ハーツなど大手レンタカー会社ばかりで、

保険も付き、日本語対応するなど、サポートも万全なので安心です。

 

世界6000以上の営業所でのレンタカー最安値保証

 

 

自動車保険の種類を知っておこう!

海外旅行保険では運転時の自分のカラダやモノへの補償は受けることができますが、

クルマや相手に対して補償はされません。

レンタカーでは強制保険に加えて「任意保険」があります。「任意保険」を理解して、必要なものは加入しましょう。

 

☆強制保険

●自動車損害賠償保険(LP、LI、PP)

対人や対物を補償する保険で、レンタカーを契約すると自動的に加入することになっています。

 

☆任意保険

●追加自動車損害賠償保険(SLI、ALI、LIS、EP)

自動車損害賠償保険の補償額をアップする保険です。

強制保険の補償額が低いアメリカ(ハワイ)などでは加入しているほうが良いでしょう。

●自車両損害補償制度(LDW、CDW)

衝突や当て逃げなどにより車が破損・損傷した場合に支払いを免除する保険です。

発生頻度が高いため、こちらも加入することをおすすめします。

●搭乗者傷害保険および携行品保険(PAI、PAE、PPP)

事故のあったドライバーや同乗者に対する治療費の保険です。

そのほかに携行品損害なども保障してくれます。

海外旅行保険と重なる部分があるので、こちらは必要に応じて加入しましょう。

●レンタカー盗難保険(TP)

その名の通り、車両が盗難にあった場合に免責される保険です。

盗難が多発する地域では加入をオススメします。