‘子ども’に関する記事一覧

海外ツアー・飛行機の子ども料金はいくら?

子ども料金に比べ断然オトクな幼児料金

 

旅行業界での「子供」の定義は2歳以上~12歳未満です。

パッケージツアーの子供料金は大人と同額か少し安いくらいにしかなりません。

しかし、2歳未満であれば「幼児」となり、

航空チケットも海外ツアーも大人の約10%ほどでOKです。

 

飛行機の子ども・幼児料金について

①国際線の場合

▽幼児・・・2歳未満

座席を使用しない場合は、普通運賃の10%(LCCは無料)

座席を使用する場合、普通運賃の75%(LCCは大人と同じ)

▽小児・・・1〜11歳

普通運賃の75%(LCCは大人と同じ)

※一部、異なる場合があります/2017年調べ

 

②国内線の場合

▽幼児・・・3歳未満(LCCは2歳未満)

座席を使用しない場合は、無料

座席を使用する場合、普通運賃の50%(LCCは大人と同じ)

▽小児・・・1〜11歳

普通運賃の75%(LCCは大人と同じ)

※一部、異なる場合があります/2017年調べ

 

 

海外子連れのメリット

 

海外旅行に子どもを連れていると大変なイメージがあるけど、実はメリットも多いのです。

 

  • 飛行機に搭乗の際は最優先で乗れる
  • 機内で特製おもちゃがもらえる
  • 子ども用の食事がもらえる
  • ホテルでもアップグレードされる場合がある

 

国内のホテルや旅館では子どもとはいえ、大人の半額ほど必要です。

そこでグアムなどの近場リゾートなら、国内旅行よりお手軽かもしれませんね。

お子様との海外旅行を計画されてはいかがでしょうか。

 

姉妹サイト

================== ================== ふるさと割でもっとお得に旅するサイト ================== ==================