エクスペディアが10%off

海外ホテル&海外ツアー世界最安のエクスペディア。さらにお得に予約する方法!
>>>エクスペディア(Expedia)完全ガイド

日本最安!外貨両替ガイド

手数料93%オフ!? 意外に知られていない最もお得な両替方法!
>>>どこりよりもお得に両替する

海外旅行保険が無料!?

持っているだけで海外旅行保険が自動付帯する無料のカードはコレ!
>>>旅行の度に数千円お得

海外旅行”超便利グッズ”

海外旅行に役立つ&持っていきたい「あったら便利」なツールが勢ぞろい!
>>>便利なモノ、集めました

‘旅行術’に関する記事一覧

”Hotels.com”割引クーポンコードを取得せよ!最大12%オフ/2015年02月最新版

Hotels.comの割引クーポンNavi

 

ホテル予約サイト”Hotels.com”はホテルが割引になる、様々なクーポンを発行しています。

hotels.comは、10泊すると1泊分の無料宿泊特典がもらえる特徴がある予約サイトです。

”最安保証+クーポン”で、どこよりもお得にホテルやツアーを予約しましょう。

 

続きを読む

エクスペディア(expedia)のクーポン|2015年2月最新版

エクスペディアの割引クーポンNavi 2015/02版

 

エクスペディアは海外ホテルや海外ツアーが割引になる、様々なクーポンを発行しています。

”最安保証+クーポン+Tポイント”で、どこよりもお得にホテルやツアーを予約しましょう。

 

続きを読む

エクスペディアのクーポン|2015年1月版

エクスペディアの割引クーポンNavi 2015/01版

 

エクスペディアは海外ホテルや海外ツアーが割引になる、様々なクーポンを発行しています。

”最安保証+クーポン+Tポイント”で、どこよりもお得にホテルやツアーを予約しましょう。

 

続きを読む

”Hotels.com”割引クーポンコードを取得せよ!最大12%オフ/2015年お正月版

Hotels.comの割引クーポンNavi

 

ホテル予約サイト”Hotels.com”はホテルが割引になる、様々なクーポンを発行しています。

hotels.comは、10泊すると1泊分の無料宿泊特典がもらえる特徴がある予約サイトです。

”最安保証+クーポン”で、どこよりもお得にホテルやツアーを予約しましょう。

 

続きを読む

香港空港ラウンジ|プライオリティパスで無料利用可!

香港空港のラウンジは最高です!

 

今回ご紹介するのは、香港国際空港内にある「PREMIUM PLAZA LOUNGE(プレミアムプラザラウンジ)」です。

プライオリティパスやダイナースクラブカード会員は無料で利用できるラウンジです。

続きを読む

KAL大韓航空ラウンジ|関西空港~プライオリティパスで無料利用可能~

エグゼクティブラウンジを無料で利用しよう

 

今回紹介するのは、プライオリティパスやダイナースクラブカード会員が無料で利用できる

関西空港内にあるプレミアムラウンジ「KAL(大韓航空)ラウンジ」です。

続きを読む

エクスペディア割引クーポンコードを取得せよ!2014年12月

エクスペディアの割引クーポンNavi 2014/12版

 

エクスペディアは海外ホテルや海外ツアーが割引になる、様々なクーポンを発行しています。

”最安保証+クーポン+Tポイント”で、どこよりもお得にホテルやツアーを予約しましょう。

 

続きを読む

飛行機の快適な座席シートを調べて予約する!Seat Expert

快適・お得なシートを確保しよう

 

seatexpressana

機内を快適に過ごすためにも、良い座席を確保したいですね。

景色を眺めるのが好きな人は窓側でしょうし、

トイレや降りるときに移動しやすいのは通路側です。

 

逆にトイレに近いと混み合いリラックスできなかったり、

両隣が人だと窮屈に過ごさないといけません。

 

そこで事前に飛行機の良いシート、悪いシートを教えてくれるのが

Seat Expertというサイト。

 

SeatExpertで飛行機のお勧め座席を調べよう

 

SeatExpertは4段階で座席を評価し、

「なぜ評価が良いシートなのか?なぜ悪い評価なのか?」

を事前に教えてくれるサイトです。

 

SeatExpertの使い方

1,サイトにアクセスする

http://seatexpert.com/ にアクセスしましょう。

 

2,航空会社・便名・出発日を入力し、検索します

12/25日発のANA(全日空)東京羽田からホノルル(ハワイ・オアフ島)行きを検索してみます。

Airline Name / 航空会社名”

”Flight Number / 便名”

”Date of Departure / 出発日” を入力したあとに

Find Your Seat/座席を検索” をクリックします。

seatexpert

 

3,表示されたところへ、マウスのポインタを持っていくと、

  座席番号や評価理由が表示されます。

seatexpressana

 お勧め席は緑

普通の席は白

悪い席は黄色

とても悪い席は赤

で、表示してくれます。

 

試しに、22B(黄色/悪い席)にマウスを合わせると・・・

seatexpert2

◯良い点

・Increased legroom=足元にスペースがある

・Bulkhead/Seat in front doesn’t recline=前の席がリクライニングしない

◯悪い点

・Reduced storage space=収納スペースが十分でない

・Heavy traffic area=人良く行き来するエリア

・Close to restrooms=トイレが近い

というような評価を教えてくれます。

※英語が苦手な方は翻訳機能を使いましょう。

 

希望のシート番号を控え、早めに航空カウンターへ行き空いてないか交渉しましょう。

最近は事前予約もできる航空会社もあるので、要チェックですね。

 

※また SeatGuru http://www.seatguru.com/ でも同じように調べることができます。

 

※関連記事:座席確保のツボとコツ

 

海外旅行保険でこれだけ違う!旅行保険の基礎知識

title:知っておきたい海外旅行保険!

渡航先で病気や事故、トラブルが起きると大変。

予防策も大事ですが、万が一のときのために
旅行の際に必ず入っておきたい海外旅行保険。

「大丈夫やろ。」と、
保険のことを何も考えないでハワイに行って、
盲腸にかかったとしよう。

現地で盲腸の手術を受けるには150~250万円必要です!
さらに、高額の現金をデポジットとして払えない場合、
手術されず放置・・・なんてこともある。

また旅行会社に勧められるがままの保険に加入したり、
空港で選択肢のないパックプランの保険に加入すると、
結構な料金がかかってくる。

一生に一度の旅行であればまだ良いが、
これから定期的に海外へ行くのであれば是非知っておきたい基礎知識だ。

ポイントは主に2点だけある。
1、クレジットカードに付帯している保険を利用する。
2、クレジットカードの付帯保険を補うように必要なものだけを
選択するフリープランへ加入する。

海外旅行保険を表にまとめてみた。

「死亡」というものはあなたに起きる確立が少ない。
それよりも「病気や事故」に合う確立のほうが高く、
「携行品損害」(持ち物が壊れたりすること)は最も起きる可能性が高い。

保険で大事なことは「実際に困ったときに補償してくれること」なので、
渡航先や自分の旅行スタイルによって必要なものを選択したい。

例えば、最も医療費が高いアメリカへ行く場合は、
「治療・救援費用」を高めに設定したいし、
強盗や盗難が多い国では「携行品損害」に保険料を掛けたい。
(iPhoneのひったくりも多数報告されているが、5-8万円する高級品だ)

賢者は一度の旅行で保険金額が数千円も変わってくるのだ。

尚、旅行会社からパックツアーを申し込んだ場合、
手荷物が上限15万円まで補償されるということをご存知か?

クレジットカードや保険について詳しくはこちらを読んで欲しい。

ありがとう!

例えば、海外で盲腸の手術費と、救急車を呼んだ場合のおよその費用をみてみよう。
(※日本語が通じたりと、旅行者でも安心な医療機関の場合)

ハワイ・・・盲腸250万円、救急車5万円
ロンドン・・・盲腸150万円、救急車0円
オーストラリア・・・盲腸80万円、救急車6万円

日本で盲腸になった場合は健康保険の適用で自己負担は10万円、救急車は0円だ。

渡航中に予期せぬ病気や事故に合うと大変!
もちろん、日本の健康保険が適用されるわけではないので、全額自己負担である。

しかも、外国の病院で盲腸などの手術にかかる場合、
多額の現金(デポジット)を預けないと手術しないで放置されるなんてザラ。

クレジットカードのメリットや選び方。マイルかポイントどちらを貯める?

クレジットカードは”持っているだけ”でお得がいっぱい!

 

クレジットカードは持っているととても便利であり、楽天カード

特に海外旅行では持っていないととても不便です。

最初にクレジットカードのメリット・デメリットをお伝えしましょう。

  • 多額の現金を持ち歩かなくて良い
  • 使うだけでポイントやマイルが貯まる
  • 旅行保険やショッピングガードの保険が無料付帯のカードもある
  • 特別サービスが受けられる
  • 支払いの選択肢が増え、利用出来るサービスが増える

多数のメリットが存在し、デメリットを敢えてあげるのであれば、

「使いすぎ(自己管理)」と「不正利用に注意」ということです。

海外でも「大丈夫かな?」とお店で感じたりしたら、現金で支払うようにしましょう。

 

旅行者にとってクレジットカードを「持っていること」は利便性が良いだけではなく、

空港ラウンジの利用や付帯保険などで旅行の度に数千円~数万円のメリットあります。

 

どうしても「使いたくない」のであれば「使わなくてもいい」のです。

大事なのは「使える」という選択肢があることです。

 

 

メインカードとサブカードを持とう!

クレジットカードは日常の大部分を使うメインカードと、

それを補完する国際ブランド(例:メインがVisaならサブはマスター)で、

趣味や用途(車を乗る人ならロードサービス特典付きなど)によって、利用するサブカードと分けると良いです。

 

 

最初に”ポイント”を貯めるのか”マイル”を貯めるのかを決めよう!

メインで使うカードでマイルを貯めるのか、ポイントを貯めるのかによって変わってきます。

「マイルは飛行機に乗らないと貯まらない」というイメージがありますが「日常生活」で貯まります。

 

クレジットカードで貯めたポイントは各カード会社によって違いますが、

各種サービスや商品券などに交換することが出来ます。

 

マイルは主に航空券と交換するときに高還元率の威力を発揮してきます(特にファーストクラス)。

ANAやJALなどのマイルを提携している飛行機に乗っても貯まります。

 

2013年4月のANAマイルの改悪や、LCCの普及で航空券自体安く手に入るようになったので、

最近は「ポイント」を貯める人が増えてきました。

日常のカードで「マイル」を貯めるのか「ポイント」を貯めるのか、

どちらかに絞ったほうが結果的に貯まるので、まずはどちらにするかを決めましょう。

 

それはたった一つの質問で分かります。

「レガシーキャリアに乗るか乗らないか?」です。

逆に言うと「LCCを中心に使うか使わないか?」である。

 

レガシーキャリアをメインに乗るのであればマイルを、

LCCをメインで旅するのであればポイントを貯めるのが良いでしょう。

 

持っているだけでお得なクレジットカード

マイルを貯める   高還元率クレカを選ぶ

 

 

姉妹サイト

================== ================== ふるさと割でもっとお得に旅するサイト ================== ==================