‘旅行術’に関する記事一覧

海外旅行保険を格安で加入!WEB申込なら保険料ほぼ半額

出発前に要確認!必ず加入しておきたい海外旅行保険

 

 

海外旅行中は国内で生活するよりも病気やトラブルになる確立が高いです。

現地で高額治療を受けることになっても当然のことながら日本の健康保険は使えないし、

多くの国で日本人は「金持ち」と思われているので、強盗やスリなどに狙われやすいです。

海外旅行保険は「もしものとき」のために加入しておきましょう。

 

適用範囲は保険内容によっても変わってきますが、

死亡、病気、ケガ、事故、盗難、紛失、破損、救援者費用、賠償責任、飛行機遅延、手荷物遅延などが保証されます。

海外旅行保険が自動付帯で年会費無料クレカ/JCB EIT 】

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

 

 

インターネット予約は「店頭申込の約半額」

 

「旅行代理店」でツアーと同時に申し込んだり、

出発間際に「空港カウンター」で申し込むのも良いですが、

プランも限定されているし、定価に近い価格のため、あまりオススメ出来ません。

 

「インターネット申し込み」はオンラインでいつでも申し込め、

旅行会社や空港カウンターでの申し込みの平均して

約半額ほどの保険料で申込めるがのが最大の利点です。

安い理由は「無店舗・人件費なし」だからです。保証内容や事故対応は変わりません。

 

 

三井住友海上の海外旅行保険がオススメ

 

夫婦でフランスへ12日間の旅程の場合、

三井住友海上の海外旅行保険をインターネット予約すると店頭より約48%安くなります。

 

三井住友海上海外旅行保険比較

 

三井住友海上の「ネットde保険@とらべる」をオススメ理由

 

  • 店頭の約半額で加入出来る
  • 保険業界最大手
  • リピーター割引でさらに安い
  • 緊急歯科治療費用補償
  • ペットホテル利用の方はさらに嬉しい

 

定期的に海外に行く人にとってはリピーター割引(5%)がありますし、

通常,、海外旅行保険では歯が痛くなっても保険適用ができないのですが、

万が一そういうことがあっても緊急歯科治療費用補償というのがあり補償してくれます。

また僅かな掛金で航空遅延の際に発生するペットのホテル代金も保障してくれるので、

ペットをホテルに預けている方は特約をつけると良いでしょう。

 

ただし、インターネット予約の支払い方法はクレジットカードのみに限定されているのが難点です。

カードを持っていない人は別に作るか、空港カウンターでフリープランで必要なものに加入すると良いでしょう。

 

 

賢者はクレジットカードに付帯している旅行保険を検討しよう

 

クレジットカードに付帯している旅行保険。

旅行保険が自動付帯しているカードなら、手続きなしで持っているだけでOK。

一枚だけでは不安ですが、死亡補償以外の補償金額は合算されるため複数枚所有されることをおすすめします。

 

海外旅行保険が自動付帯で年会費無料クレカ/JCB EIT 】

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

 

 

海外ホテル予約サイト最安値比較ランキング・ベスト3

海外ホテル予約サイトを比較ランキング

 

海外旅行や出張の際に便利な海外ホテル予約サイト。

数あるホテル予約サイトの中から、どうやって宿泊先を絞り、

どのサイトで予約をすると良いのか。その方法を紹介します。

 

海外ホテル予約サイトの3つのポイント

 

  • オトクであること
  • 使い方は簡単かどうか
  • 日本人でも使いやすいか

 

価格についてはクーポンやポイントもあるため、検索結果だけでは不十分です。

またトラブル時など英語でやり取りするのでは大変なので、日本人でも総合的に使いやすいことや、

提携ホテルが豊富であったり、直前でも取りやすいサイトかどうかをチェックしました。

 

 

エクスペディア (expedia)

 

expediahotel

 

  • 「格安航空券も」LCCをはじめ格安航空券も一緒に手配出来る
  • 「割引クーポンが得!」割引クーポンが多く、最安値になることが多い
  • 「日替わりセールを狙え!」数千件の日替わりセール&セールのみの検索も可能
  • 「当日予約に強い!」当日でも空き室が確保されていて部屋をおさえやすい
  • 「日本語OK!」日本語サポート有り!

 

予約サイトをひとつに絞るなら「エクスペディア」。

僕もメインで使っていますが、エクスペディアはTポイントのボーナスや割引クーポンを発行したり、

頻繁にキャンペーンを行っているので、破格のホテルを見つけることができます。

通常検索では最安値にならない場合もあるが、ほとんどの場合は最安値と数百円の違いだったり、

エクスペディアで取りたいのに万が一他サイトのほうが同条件で安い・・・という場合は、

予約後30日以内にカスタマーに連絡すると、最安値との差額分の2倍を返金してくれます。

(※細かい適用条件があり、気の弱い人はいいくるめられる可能性有り。汗)

また当日予約にも強いので、直前予約にも適しています。

エクスペディアの公式サイトへ 】

 

 

Agoda(アゴダ)

 

agoda

 

  • 「契約ホテル数が凄い」契約ホテル数が業界断トツの世界約36万件!
  • 「日本語OK!」日本語サポート有り
  • 「最安値も豊富!」エクスペディアに続き、最安値が豊富!
  • 「延泊無料サービスを狙え!」無料で延泊出来たりと、独自のサービスも豊富。
  • 「安宿も豊富!」バックパッカー向けの格安ホテルも豊富。

 

アゴダの魅力は何と言っても豊富な契約ホテル数!

このため、他サイトには載っていないドミトリーなどの安宿(格安ホテル)も掲載されているので、

バックパッカーや予算を少なく旅したい人には使えるサイトになるでしょう。

Agodaは延泊無料などのサービス豊富なため、連泊に適していると言えます。

agoda公式サイトへ 】

 

 

hotels.com (ホテルズ)

 

hotels

 

  • 「クチコミが充実!」レビュー数が圧倒的!
  • 「日本語OK!」エクスペディアの子会社であり、日本語サポート有り!
  • 「10泊以上は決まり!」10泊すると1泊無料!
  • 「クーポンが得!」セールやクーポンをチェックする価値有り!

 

Hotels.comの魅力数は何と言っても口コミ(レビュー)が圧倒的に多いところにあります。

まずHotelsの口コミを読んで参考にすれば「ホテルで外す確率」は少なくなるでしょう。

また10泊以上する場合に1泊無料となるので、旅行を頻繁にする方や中〜長期滞在する方にオススメしたい予約サイトです。

Hotelsの公式サイトへ

海外旅行ツアー比較ランキング!格安旅行と満足度の高いお勧め5社

海外パックツアーは「価格重視」か、「内容重視」で選ぶ

 

 

駅の構内にある旅行会社の前のパンフレットや新聞広告、旅行代理店のサイト・・・

パッケージツアーを予約する際、数ある旅行会社から様々なプランが出されているので、

どこで探していいのか、どれを選んでいいのかわからないですね。

>>>フリーツアーならエクスペディア

>>>格安旅行ならエイチ・アイ・エス

>>>価格と質のバランスが良いJTBのWEB限定商品

>>>質重視ならツアーコンダクターに定評のある日本旅行

 

 

海外ツアーは「インターネット」で探そう

 

3人に2人は海外旅行の予約をインターネットで行われるようになりました。

インターネット予約の魅力は「いつでも予約できること」、「バーゲン商品など、WEB限定商品があること」です。

 

ただ予約サイトの数が多く、慣れるまではどこで予約をすればよいか迷うでしょう。

そこで「フリーツアー・パックツアー(価格重視)」と「添乗員同行プラン(内容重視)」という2点から、オススメの予約サイトを紹介しますね。

 

フリーツアー・パックツアーならこの会社

 

WEB限定商品が狙い目!国内最王手「JTB」

 

JTB

 

  • 国内最大手の旅行会社。世界中に支店があるため安心度ナンバー1
  • 規模を生かした手配力とお得感のある商品を展開

 

「WEB限定商品」オンラインで空席確認&予約出来る商品の中で他社と比較しても

最安値であることが多く、店頭よりも大幅にディスカウントされています。

お得に旅したいという人はJTBの「WEB限定商品」「お買い得旅」を探しましょう。

世界的に見ても大きい旅行会社なだけに、何かあったときのトラブル対処はとても安心出来ます。

JTBの公式サイトへ  】

 

 

限定セールは特に安い「HIS」

 

his

 

  • ほとんどの渡航先で支店があり、日本語サポートを受けられる
  • フリープランがオススメ

 

広告などでよく見かける「限定セール」の旅行商品を予約出来ればラッキーです。

旅行の中身がセットになっていないフリープランの場合、

オプショナルツアーも申し込めば結構な支払額になることも少なくありません。

旅行業界の中では新興企業で、スタッフも若いです。

H.I.S.の公式サイトはこちら 】

 

フリープランで行くなら「エクスペディア」

 

  • 総額表示で分かりやすい
  • ホテル7万件と航空会社100社を自由に組み合わせ

 

24時間空席紹介、予約ができ、さらに燃油サーチャージなど総額表示がとても使いやすいエクスペディア。

好きな飛行機の便とホテルを選べるためとても自由度が高いです。

また航空券と一緒に予約すればホテルが無料になるプランも。

「価格重視」で一番安く行くならオススメです。

エクスペディアの公式サイトへ 】

 

 

添乗員付きツアーがお勧めの旅行会社2選

 

主に添乗員同行で絶対的オススメな旅行会社BEST3の特徴です。

 

経験豊富な添乗員が多数在籍「日本旅行」

 

nipponryoko

 

  • 国内で一番老舗の旅行会社。経験豊富な添乗員が多数在籍
  • 特にヨーロッパツアーがオススメ

 

ツアー内容を比較してもらえば分かりますが、価格以上の価値を提供するツアーが多数催行されています。

ヨーロッパを巡るツアーに関しては添乗員の質で旅の満足度が変わると言っても過言ではないです。

参加者層も30代からと熟年者だけではなく、客層も良いのが魅力の一つ。

「質」と「価格」の一番バランスが取れているのは「ベストエクセレント」という商品。

「ハネムーン」など絶対に失敗したくない旅行には、「日本旅行」オススメです。

【 日本旅行の公式サイトへ 】

 

 

質と価格共にバランスの良い「近畿日本ツーリスト」

 

kinkinihon

 

JTBや日本旅行よりも規模が小さくなるものの、「質」「価格」共にバランスが良いのが近畿日本ツーリスト。

「オーロラ旅行」「クルーズ」「周遊プラン」などこだわったツアーが多いため、チェックしてみるのも良いでしょう。

 近畿日本ツーリストの公式サイトへ

 

 

飛行機の快適な座席シートを調べて予約する!Seat Expert

快適・お得なシートを確保しよう

 

seatexpressana

機内を快適に過ごすためにも、良い座席を確保したいですね。

景色を眺めるのが好きな人は窓側でしょうし、

トイレや降りるときに移動しやすいのは通路側です。

 

逆にトイレに近いと混み合いリラックスできなかったり、

両隣が人だと窮屈に過ごさないといけません。

 

そこで事前に飛行機の良いシート、悪いシートを教えてくれるのが

Seat Expertというサイト。

 

SeatExpertで飛行機のお勧め座席を調べよう

 

SeatExpertは4段階で座席を評価し、

「なぜ評価が良いシートなのか?なぜ悪い評価なのか?」

を事前に教えてくれるサイトです。

 

SeatExpertの使い方

 

1,サイトにアクセスする

http://seatexpert.com/ にアクセスしましょう。

 

2,航空会社・便名・出発日を入力し、検索します

 

12/25日発のANA(全日空)東京羽田からホノルル(ハワイ・オアフ島)行きを検索してみます。

 

Airline Name / 航空会社名”

”Flight Number / 便名”

”Date of Departure / 出発日” を入力したあとに

Find Your Seat/座席を検索” をクリックします。

 

seatexpert

 

3,表示されたところへ、マウスのポインタを持っていくと、

  座席番号や評価理由が表示されます。

seatexpressana

 

 お勧め席は緑

普通の席は白

悪い席は黄色

とても悪い席は赤

で、表示してくれます。

 

試しに、22B(黄色/悪い席)にマウスを合わせると・・・

 

seatexpert2

 

◯良い点

・Increased legroom=足元にスペースがある

・Bulkhead/Seat in front doesn’t recline=前の席がリクライニングしない

 

◯悪い点

・Reduced storage space=収納スペースが十分でない

・Heavy traffic area=人良く行き来するエリア

・Close to restrooms=トイレが近い

というような評価を教えてくれます。

※英語が苦手な方はグーグル翻訳などを使うと良いでしょう。

 

希望のシート番号を控え、早めに航空カウンターへ行き空いてないか交渉しましょう。

最近は事前予約もできる航空会社もあるので、要チェックですね。

 

※また SeatGuru:http://www.seatguru.com/ でも同じように調べることができます。

 

※関連記事:座席確保のツボとコツ

 

クレジットカードのメリットや選び方。マイルかポイントどちらを貯める?

クレジットカードは”持っているだけ”でお得がいっぱい!

 

クレジットカードは持っているととても便利であり、

特に海外旅行では持っていないととても不便です。

 

最初にクレジットカードのメリット・デメリットをお伝えしましょう。

  • 多額の現金を持ち歩かなくて良い
  • 使うだけでポイントやマイルが貯まる
  • 旅行保険やショッピングガードの保険が無料付帯のカードもある
  • 特別サービスが受けられる
  • 支払いの選択肢が増え、利用出来るサービスが増える

 

多数のメリットが存在し、デメリットを敢えてあげるのであれば、

「使いすぎ(自己管理)」と「不正利用に注意」ということです。

海外でも「大丈夫かな?」と思うような怪しい(?)お店では、現金で支払うようにしましょう。

 

旅行者にとってクレジットカードを「持っていること」は利便性が良いだけではなく、

空港ラウンジの利用や付帯保険などで旅行の度に数千円~数万円のメリットあります。

 

どうしても「使いたくない」のであれば、クレジットカードを「使わなくてもいい」のです。

大事なのは「使える」という選択肢があることです。

 

 

メインカードとサブカードを持とう!

 

クレジットカードは日常の大部分を使うメインカードと、

それを補完する国際ブランド(例:1枚目がVisaなら2枚目はMastar)で、

趣味や用途(車を乗る人ならロードサービス特典付きなど)によって、利用するサブカードと分けると良いです。

 

 

最初に”ポイント”を貯めるのか”マイル”を貯めるのかを決めよう!

 

メインで使うカードでマイルを貯めるのか、ポイントを貯めるのかによって変わってきます。

「マイルは飛行機に乗らないと貯まらない」というイメージがありますが「日常生活」で貯まります。

(⇒私は世界一周旅行ができるくらいのマイルを半年で貯めることができました。

詳しくは姉妹サイトで詳しく解説しています。 >>>マイル部はこちら )

 

 

クレジットカードで貯めたポイントは各カード会社によって違いますが、

各種サービスや商品券などに交換することが出来ます。

 

マイルは主に航空券と交換するときに高還元率の威力を発揮してきます(特にファーストクラス)。

ANAやJALなどのマイルを提携している飛行機に乗っても貯まります。

 

ポイントのメリットは幅広い商品に使えることであり、

マイルのメリットはビジネスクラスの特典航空券に交換するなど、

使い方によっては1マイル=5円相当の価値があるということです。

 

2013年4月のANAマイルの改悪や、LCCの普及で航空券自体安く手に入るようになったので、

最近は「ポイント」を貯める人が増えてきました。

日常のカードで「マイル」を貯めるのか「ポイント」を貯めるのか、

どちらかに絞ったほうが結果的に貯まるので、まずはどちらにするかを決めましょう。

 

それはたった一つの質問で分かります。

「レガシーキャリアに乗るか乗らないか?」です。

逆に言うと「LCCを中心に使うか使わないか?」です。

 

レガシーキャリアをメインに乗るのであればマイルを、

LCCをメインで旅したいのであればポイントを貯めるのが良いでしょう。

またマイルよりも、格安ツアーのほうがお得なケースがあります。

 

マイルはその気になれば、飛行機に乗らずとも無料で貯めることもできますよ。

詳しくはマイル部を熟読してくださいね。

 

マイルを貯める方法・カードはこちら(マイル部)

【 ポイントが貯まるカードはこちら 】

 

 

 

高還元率クレジットカードナビ!クレカを選ぶ3つのポイント

最強クレジットカードを選ぶ3つのポイント

 

クレジットカードと言っても数百種類は流通しているので、どれが自分に合ったカードか迷いますよね。

クレジットカードで効率的にポイントを貯めるにはメインカードを決定し、それを徹底的に活用することが有効です。

そして、そのメインカードを補うように自分の趣味や目的に合わせたサブカードを作ると良いでしょう。

 

「海外旅行」で使うためにおさえておきたい3つのポイントは、

 

1、高還元でポイントを貯めよう=メインカードを決定する

2、国際ブランド別のカードを複数枚持つ

3、海外旅行保険付帯のものを選ぶ

クレジットカード国際ブランド

 

 

(※主な国際ブランド)

 

今なら「新規入会特典」がもらえてオトクです。

高還元で得するクレジットカードまとめ 】

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

 

 

あなたに合った”最強クレジットカード”の選び方

 

あなたにぴったりのクレジットカードの選び方が分かります。

 

1、普段、何に一番お金を使っていますか?

 

メインカードを決定するために、まずは自分が普段どこでどんなものに一番お金を使っているか簡単に考えましょう。

大きく3つに分けると、

・ 交通系(旅行、車、定期など)、

・ 街ショッピング系(スーパー、コンビニ、百貨店など)、

・ ネット・通信系(携帯代、ネット通販など)です。

高還元率のカードの中から、自分がよく使うサービスでボーナスポイントが貯まるカードを選択しましょう。

>>>ホテルグレードUP&マイルが貯まる「旅好き最強カード」(マイル部)

 

 

2、年間クレジットカード利用額から考える

 

「普段、何にお金を使っているか」、「クレジットカードの年間利用額」の2点を参考に考えましょう。

 

あまりカードを使わない人は年会費無料のクレジットカードがベターです。

年会費が有料のカードを選ぶ場合は、年間カード利用額が”年会費✕100倍”になるかがポイントです。

例えば、年間利用額が200万なら、年会費2,000円くらいのカードを選んでも元が取れることでしょう。

 

詳しくは下記のページにクレジットカードをまとめたので、自分に合ったものをセレクトしてくださいね。

今なら「新規入会特典」がもらえてオトクです。

高還元で得するクレジットカードまとめ 】

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

 

 

▽初めての一枚に楽天カードはお勧めです

imgres楽天カード  年会費無料

ポイント還元率:通常1%,楽天市場4%〜,加盟店3%

特に”楽天系サービス、ENEOS、JOMO、EDY”を使う人に

旅行保険利用付帯

ブランド:VISA MASTER JCBから選択可能

 

楽天カードは年会費無料で最も人気のあるカードです。

通常でも1%のポイント還元、楽天でのショッピングで4%以上、ガソリンスタンドなどで2~3%、

ディへのチャージでもポイントが貯まります。

ポイントの使い道は楽天ポイントは楽天モールや楽天トラベルでも利用可能、

マイルへも交換出来たりと使い道が広いです。

マルチに使える非常に優秀なカードと言えるでしょう。

デメリットとしては特別キャンペーンで手にしたポイントに関しては期間限定であったり、

カスタマーが有料サービス(フリーダイヤルではない)であったりする点です。

楽天カードはこちら 】

 

 

⇒お勧めのクレジットカードをまとめました。

今なら「新規入会特典」がもらえてオトクです。

 

高還元で得するクレジットカードまとめ 】

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

 

 

 

 

2枚目に持ちたいクレカの選び方!海外旅行には複数枚のクレカを

メインカードと異なるサービスや特典があるサブカードを選ぼう

 

複数枚持つことで、よりメリットがあるクレジットカード。

まず「海外旅行保険の補償枠も合算(死亡保障除く)」され、

異なるカードブランドを持つことで「利用可能店舗」が増えます。

さらに異なる特性のカードを選べば「幅広い特典」を受ける事ができます。

 

メインカードが決まったら、サブカードは「ブランドの違うもの」(メインがVISAならサブはJCBなど)、
尚かつ「異なるサービスや特典があるカード」を選ぶようにしましょう。

 

例1:楽天カードは海外旅行保険が利用付帯だから、自動付帯のカードを作ろう。

例2:普段の買い物は大体イオンモール。5%優待デーのあるイオンカードにしよう。

例3:高還元率カードにないステータスや空港ラウンジも使いたいのでゴールドカードにしよう。

高還元で得するクレジットカードまとめ 】

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

 

 

オールラウンドなサブカードはコレ!

 

1、「高還元率カードの中から2枚を選ぶ」
楽天カードリクルートカードプラス

 

 

 

 

 

 

年会費無料の「楽天カード」と別のクレジットカードという組み合わせが相性が良いでしょう。

例えば、普段は1.2%の還元率を誇るリクルートカード(MasterCard)で決済し、

楽天系のサービスを使う時は楽天カード(VISA)で決済するという方法です。

海外旅行保険は(利用付帯)死亡保障以外は金額が合算されます。

2枚あるとメインのカードのブランドが使えないお店での支払いにも役に立ちます。

高還元で得するクレジットカードまとめ 】

 

 

2、「普段のお買い物で一番お金を使っているお店のカードをつくる」

 

そのお店では高還元率になったり様々な特典を受ける事が出来るからです。

多くの人にとって、一番利用頻度の高い「スーパー・コンビニ」のカードを紹介します。

 

イオンカード

イオンカード (ワオン一体型) 年会費無料

食料品や日用品をイオン系列のスーパーで買い物をするのでしたら、5%割引になる感謝デーがあり、ワオンも使えるイオンカードの申込を検討しましょう。

イオンカードセレクト(キャッシュカード&WAON一体型)

 

ファミリーカードを多く利用する場合は、「ファミマカード」もお勧めです。

高還元で得するクレジットカードまとめ 】

 

 

ゴールドカードでワンランク上の特典を

 

サブカードで一番お勧めするのは、可能でしたらゴールドカードか、ステータスカードを作ることです。

ここでは比較的審査の通りやすいゴールドカードを紹介します。

 

ゴールドカードには通常のクレジットカードにはないワンランク上の特典を受ける事ができます。

 

国内・海外の空港ラウンジを使えたり、海外旅行保険の保証内容がアップしたり、

場合によってはゴールドカードでもホテルでランクアップしてくれることもあります。

 

日常では高還元率カードの恩恵を受け、海外旅行ではゴールドカードをうまく使いましょう。

空港ラウンジが使え、高還元率カードよりも高い旅行保険補償額があるお勧めは下記の通りです。

目安として年間2度以上、空港を利用する人なら持っていて損はないでしょう。

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

 

 

1、20歳でもつくれるゴールドカード

JCBGOLDJCB GOLD EXTAGE  年会費初年度無料/翌年3,150円

国内主要空港のラウンジが使え、死亡保障は最高5000万円、傷害・疾病治療200万円、携行品損害50万円まで保障されます。(利用付帯)

メインカードでVISAのブランドを持っているなら、JCBエクステージが良いです。

 

 

 

三井住友プライムカード   年会費初年度無料/翌年5,250円三井住友VISAカード

国内主要空港のラウンジが使え、死亡保障は最高5000万円、傷害・疾病治療300万円、携行品損害50万円まで保障されます。(自動付帯/一部利用付帯)

年会費はWEB明細とマイペイスリボの利用により、1,575円まで下がります。

 

 

2、30歳以上なら、定番の三井住友ゴールドカードがオススメです。

三井住友VISAカード三井住友ゴールドカード 年会費初年度無料/翌年10,500円

年会費は初年度無料。翌年からは通常10,500円かかりますが、WEB明細とマイペイスリボの利用で4,200円まで下がります。それでいてショッピングガード保険や国内主要空港のラウンジが使えます。死亡保障は最高5000万円、傷害・疾病治療300万円、携行品損害50万円まで保障されます。(自動付帯/一部利用付帯)

 

 

 

3、世界の空港ラウンジも使いたいなら、迷わず楽天ゴールドカード!

楽天ゴールドカードプライオリティパス

 

年会費は初年度から10,500円必要なものの、世界中の空港ラウンジが使える

プライオリティパス(40,000円相当!)が付いてくる破格のカード。

楽天カードの高還元は変わらず、ゴールドカードだけの選べるコースがあり、

「お買い物コース」を選べばさらに楽天でポイントが貯まり、

「トラベルコース」なら楽天トラベルでのポイントUPや手荷物を空港まで無料配送してくれます。

死亡保障は最高5000万円、傷害・疾病治療200万円、携行品損害100万円、最高300万円までの動産保険まで保障されます。(自動付帯)

高還元率+世界の空港ラウンジを安く利用したいのであればこのカード一択です!

楽天カードゴールドカードはこちら 】

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

 

 

エクスペディア(expedia)のクーポン|2017年5月最新版

エクスペディアの割引クーポンNavi 2017/05版

 

エクスペディアは海外ホテルや海外ツアーが割引になる、様々なクーポンを発行しています。

”最安保証+クーポン+Tポイント”で、どこよりもお得にホテルやツアーを予約しましょう。

 

続きを読む

香港空港ラウンジ|プライオリティパスで無料利用可!

香港空港のラウンジは最高です!

 

今回ご紹介するのは、香港国際空港内にある「PREMIUM PLAZA LOUNGE(プレミアムプラザラウンジ)」です。

プライオリティパスやダイナースクラブカード会員は無料で利用できるラウンジです。

続きを読む

関空のKAL大韓航空ラウンジはプライオリティパスで入場OK

エグゼクティブラウンジを無料で利用しよう

 

今回紹介するのは、プライオリティパスやダイナースクラブカード会員が無料で利用できる

関西空港内にあるプレミアムラウンジ「KAL(大韓航空)ラウンジ」です。

 

続きを読む

注目記事

▼旅好最強カード▼