‘機内’に関する記事一覧

飛行機の快適な座席シートを調べて予約する!Seat Expert

快適・お得なシートを確保しよう

 

seatexpressana

機内を快適に過ごすためにも、良い座席を確保したいですね。

景色を眺めるのが好きな人は窓側でしょうし、

トイレや降りるときに移動しやすいのは通路側です。

 

逆にトイレに近いと混み合いリラックスできなかったり、

両隣が人だと窮屈に過ごさないといけません。

 

そこで事前に飛行機の良いシート、悪いシートを教えてくれるのが

Seat Expertというサイト。

 

SeatExpertで飛行機のお勧め座席を調べよう

 

SeatExpertは4段階で座席を評価し、

「なぜ評価が良いシートなのか?なぜ悪い評価なのか?」

を事前に教えてくれるサイトです。

 

SeatExpertの使い方

 

1,サイトにアクセスする

http://seatexpert.com/ にアクセスしましょう。

 

2,航空会社・便名・出発日を入力し、検索します

 

12/25日発のANA(全日空)東京羽田からホノルル(ハワイ・オアフ島)行きを検索してみます。

 

Airline Name / 航空会社名”

”Flight Number / 便名”

”Date of Departure / 出発日” を入力したあとに

Find Your Seat/座席を検索” をクリックします。

 

seatexpert

 

3,表示されたところへ、マウスのポインタを持っていくと、

  座席番号や評価理由が表示されます。

seatexpressana

 

 お勧め席は緑

普通の席は白

悪い席は黄色

とても悪い席は赤

で、表示してくれます。

 

試しに、22B(黄色/悪い席)にマウスを合わせると・・・

 

seatexpert2

 

◯良い点

・Increased legroom=足元にスペースがある

・Bulkhead/Seat in front doesn’t recline=前の席がリクライニングしない

 

◯悪い点

・Reduced storage space=収納スペースが十分でない

・Heavy traffic area=人良く行き来するエリア

・Close to restrooms=トイレが近い

というような評価を教えてくれます。

※英語が苦手な方はグーグル翻訳などを使うと良いでしょう。

 

希望のシート番号を控え、早めに航空カウンターへ行き空いてないか交渉しましょう。

最近は事前予約もできる航空会社もあるので、要チェックですね。

 

※また SeatGuru:http://www.seatguru.com/ でも同じように調べることができます。

 

※関連記事:座席確保のツボとコツ

 

エコノミークラス症候群の症状と予防方法

エコノミー症候群は予防できる

 

エコノミー症候群とは狭い場所で動かずに座った状態でずっといると、

足の血管が圧迫され、血のかたまりができてしまいます。

それが立ち上がったときに流れ、血流を詰まらせてしまうという病気です。

 

エコノミー症候群予防法

 

エコノミー症候群にならないための予防方法です。

 

1、ゆったりとした服装で搭乗する

 

細身のパンツなど、ピチっとした服装はエコノミー症候群のもと。

ゆったりした服装を心がけましょう。

 

2、適度に身体を動かしましょう

 

まずはトイレを我慢しないこと。

軽くストレッチをしたり、時々席を立つのが効果的です。

 

3、水分をよく摂取する

 

利尿作用のあるコーヒーや紅茶は逆効果。

ミネラルウォーターをよく摂りましょう。

 

エコノミー症候群になってしまうと厄介です。

ちょっとした意識で予防できるので、上記の3点を心がけてくださいね。

 

 

飛行機のおすすめ座席シートを事前にチェックして予約しよう

機内の快適度は座席シートの位置で決まる!

 

長距離路線になればなるほどフライト時間が長くなるので、飛行機の座席位置にはこだわりたいもの。

ここでは座席確保のツボとコツをお伝えします。

 

その1:ベスト座席を事前にチェックできるサイトを活用する

 

seatexpressana

 

WEB上で事前に快適な座席を調べるこにはSeatExpertが便利。

搭乗する飛行機の座席を色で教えてくれ、

座席番号はもちろん、シートの良い点と悪い点も解説してくれる。

SeatExpertの使い方はこちら

 

その2:早めにカウンターチェックインする

 

エコノミーシートの場合、外の景色が見たければ窓側、気兼ねなく席を立ちたいのなら通路側、

またトイレに近いほうが良いという人もいて、人それぞれです。

 

事前に座席指定ができる航空会社でない限り、

チェックイン時に座席(シート)は決まります。

 

基本的に「先着順」のため、後になればなるほど選択の余地がなくなり、

カップルや夫婦の旅行でも離れ離れに・・・ということもあるのです。

 

個人旅行ではカウンターチェックイン時に希望を伝えることができますし、

自動チェックイン機を採用している航空会社では自分で選択することもできます。

 

団体旅行の場合、座席が決められたブロック内での調整になるので、

個人旅行に比べ希望が通らない可能性が高いです。

 

1、何よりも早めに空港へ到着しチェックインすること

2、予め座席表を確認して、いくつか希望を伝えてみること
(※参考:JALシートマップANAシートマップ

 

 

その3:搭乗口で座席の変更を交渉する

 

チェックインは済んだものの、「どうしても窓側が良い」などの強い希望がある場合は

搭乗口(チェックインカウンター)で相談してみましょう。

座席に空きがある場合など、変更してくれる場合があります。

 

エコノミーシートのおすすめの座席(シート)はどこ?

 

個人的な好みによっても変わってきますが「3-4-3」シートの場合、下記を参考にしてください。

 

1、非常口前

前方に座席がなく、客室乗務員と会話する機会があり、足を伸ばして座ることもでき、

さらに気軽に立つこともできるので人気座席です。

 

2、壁の前

前方に座席がなく、足を伸ばして座ることができます。

 

3、4列シートの通路側

左右の3列シートから埋まっていく傾向にあるため、隣座席が空く確率が高いです。

また3列シートの場合、2人がトイレなどで席を立ちますが、4列シートの場合、

隣の人だけなので、自分自身が席を立つ回数も半分に減るためです。

 

4、一番後ろ

リクライニングに気を遣わずにゆったりとくつろげます。

また飛行機は後方のほうが空席率が高いので、「搭乗完了案内」後に空席があれば移動し、

まとまった座席を確保することができるかもしれません。

 

 

カクテルも楽しめる!?快適な機内の過ごし方

機内のエンターテイメントを楽しもう

 

長距離路線になれば機内の時間は往復で20時間前後にも及びます。

睡眠がとれれば一番良いと思いますが、寝れないときは時間を有効活用したいもの。

機内では時間がたっぷりとありますから、自分が好きなことをするのが一番良いでしょう。

機内で楽しコツをお伝えします。

 

 

エアー枕、アイマスクを持ち込もう

 

長時間のフライトの場合、首がどうしても疲れます。

エアー枕は荷物もかさばらないですし、オススメです。

 

また機内は深夜でも照明が点灯することも多く、なかなか安眠ができません。

少しの光でも気になるものです。そこでアイマスク

この2点は機内で快適に過ごすために押さえておきたい必需品です。

eyemask  airmakura ?

 

カクテルをオーダーしよう

 

機内では好きな飲み物を注文しましょう。

ビールやワイン、アップルジュースやオレンジ、ウーロン茶はもちろんのこと、

ジンやウォッカ、ウィスキーまでワゴンに積んでいることが多いです。

カクテルのミニボトルを積んでいる航空会社もありますが、

「ウィスキーとコーラを混ぜてください!」と言ったわがままな注文にもきっと応えてくれるはずです。

もしダメと言われれば二つを頼んで自分で混ぜましょう!

 

beer

 

機内で音楽を聞こう

 

機内のエンターテイメントで音楽を提供しているけどもお世辞にも音質が良いとは言えませんし、

自分の好きな音楽があるとも限りません。

やはり機内に関わらず、旅先でも自分の好きな音楽を聴きたいですね。

SONYのWALKMANはノイズキャンセリングがついているので、ヘッドフォンをするだけで外音をある程度遮断することができ、

いつでもどこでも自分の世界に入り込むことが出来ます。

 

SONYwalkman

またいつものプレーヤーで音楽を楽しみたい場合は、

ノイズキャンセリング付きのヘッドフォンを持参すると、

外部の音を遮断でき、快適に過ごすことができるでしょう。

Amazonでノイズキャンセリング付イヤホンを探す

 

 

機内で好きな映画を観よう

 

機内にモニターがついている場合は、日本未公開の最新の映画を見れたりすることもあります。

ただし、日本発着ではない海外路線では日本語に対応していないことが殆どです。

そこでiPhoneやiPadなど、スマホやタブレットに好きな映画を入れて持ち込んでみてはいかがでしょうか。

スマホでは画面が小さいので、出来ればiPadなどのタブレットが良いでしょう。

iPadの場合は動画形式MPEG4に変換しiTunesを通してiPadへ同期します。

タブレットの場合はMPeg4形式に変換した映画をSDカードのフォルダへ書き込みましょう。

その他、タブレットがあれば地図機能や観光地の情報をメモしたり、音楽プレーヤーや辞書にもなります。

もちろん、電子書籍を読むこともできますよ。

 

ipad

 

 

機内で好きな本を読もう

 

今ではCDを持ち歩くことなく、好きな音楽を数千曲を持ち歩くことができるようになりました。

そして昨今、本も数百冊持ち歩けるようになり、いつでもどこでも自分だけのライブラリーから好きな本を読むことできます。

 

おすすめの電子読書リーダーは「Kindle

タブレットより軽く、片手で読むことができますし、電池の持ちがタブレットより遥かに良いです。

またタブレットに比べて長時間の読書に向いていて、目が疲れにくいです。

機内で読書三昧をするのはいかがでしょうか?

 

kindlepaperwhite

 

 

注目記事

▼旅好最強カード▼