‘海外旅行保険’に関する記事一覧

海外旅行パックツアーは保険や補償がある!「特別補償規定」を読もう

海外ツアーには○○万円携帯品損害補償がついている

 

個人ツアーは「手配旅行」と呼ばれ、パッケージツアーは「募集型企画旅行」と呼ばれます。

手配旅行ではほぼ自己責任ですが、募集型企画旅行(パッケージツアー)では旅行業法により、

消費者はしっかりと保護されているので、トラブルの際も旅行会社がきちんと対処します。

 

そこでパッケージツアーの意外と知らないメリットの一つ。

それが「保険」「携帯品損害補償」がついていることです。

 

海外パックツアーについている「補償」

 

パンフレットや旅行会社のホームページの「契約条件」を見ると、

「当社の責任」や「特別補償規定」といった「補償」に関することが目立たないように小さく書かれています。

 

(死亡補償金の支払い)
当社は、旅行者が第1条の傷害を被り、その直接の結果として、事故の日から180日以内に死亡した場合は、旅行者1名につき、海外旅行を目的とする企画旅行においては2,500万円、国内旅行を目的とする企画旅行においては1,500万円(以下「補償金額」といいます。)を死亡補償金として旅行者の法定相続人に支払います。ただし、当該旅行者について、既に支払った後遺障害補償金がある場合は、補償金額から既に支払った金額を控除した残額を支払います。

(後遺障害補償金の支払い)
当社は、旅行者が第1条の傷害を被り、その直接の結果として、事故の日から180日以内に後遺障害(身体に残された将来においても回復できない機能の重大な障害、又は身体の一部の欠損で、かつ、その原因となった傷害が治った後のものをいいます。以下同様とします。)が生じた場合は、旅行者1名につき、補償金額に別表第2の各号に掲げる割合を乗じた額を後遺障害補償金として旅行者に支払います

(携帯品損害補償)
当社は、当社が実施する企画旅行に参加する旅行者が、その企画旅行参加中に生じた偶然な事故によってその所有の身の回り品(以下「補償対象品」といいます。)に損害を被ったときに、本章の規定により、携帯品損害補償金(以下「損害補償金」といいます。)を支払います。

阪急交通社(http://www.hankyu-travel.com/)から抜粋

 

その他にも入院見舞金や通院見舞金が補償がついています。

旅行会社によって契約内容が異なりますので、パンフレットやホームページなどで必ずチェックするようにしてください。

 

旅行代理店もよほどのことがない限り、こういった細かいことまで説明しないでしょう。

申込のときに、尋ねてみると良いでしょう。

 

 

どんなときに「補償」が受けれるか

 

例えばスーツケース。

チェックインカウンターで預けたあとは、色んな人の手を介してホテルへと運ばれます。

そこでホテルの部屋でスーツケースの破損に気付いてクレームを言っても、どこで壊れたか分からないので、

航空機の移動時とはっきりしている場合でない限り、誰も補償してくれません。

そこで旅行代理店に申告すると15万円を限度に手荷物(スーツケースなど)が補償されます。

 

 

海外旅行保険の申込前に確認するべき4つのポイント

海外旅行保険加入前に確認しておきたい4つのポイント

 

海外旅行に保険加入は必須です。出発前に海外旅行保険のポイントをもう一度確認をしましょう。

 

  • 1、クレジットカードの保険を確認しよう!「利用付帯」?「自動付帯」?
  • 2、保険内容を確認しよう!「傷害・疾病」の保障額に注意!
  • 3、「キャッシュレスサービス」が対応しているか
  • 4、子供・年配者は特に注意

 

クレカを持っている場合は確認しよう!

 

クレジットカードの保険は持っているだけで自動的に加入になる「自動付帯」と、

公共交通機関やツアー代金をカードで支払ったときに適用される「利用付帯」があります。

 

「利用付帯」の場合、適用されるためには一定の条件があります。

「利用付帯」であるカードの適用条件は、

「公共交通乗用具」、または「募集型企画旅行」の料金をカードで支払うことです。

つまり、ツアー代金や航空券、船舶、電車、リムジンバスなどをカードで支払えば適用されます。

 

ツアー代金などをカードで支払い忘れた場合は、

空港までの公共交通機関の運賃をカードで支払うと良いでしょう。

適用条件はカード会社によって異なることもあるので、念のため確認が必要です。

 

 

「傷害・疾病」が一番大事

 

次に旅行保険で一番注目されがちなのは「死亡・後遺障害」ですが、起こる確立が極めて少ないです。

海外旅行保険で最も重要なのは「傷害・疾病」の項目です。

 

この項目は、医療費が10割負担となる海外では高額な治療費を請求される場合があるので、高めに設定しておきましょう。

旅行する地域により異なりますが、最低200万円以上、できれば300万円以上が望ましいです。

 

 

キャッシュレスサービスは対応している?

 

海外では特別な医療サービスを受けることになるような場合、

現金(保証金)を持っていなければ、受け入れてくれない病院もあります。

 

そんな時に役に立つのが、保険会社の「キャッシュレスサービス」。

保険会社が直接医療機関へ医療費を支払ってくれるため、現金が必要ありません。

 

スリや置き引きが多い国、治安が悪いとされる地域への渡航不衛生な国(お腹あたります・・・)、

アメリカなど医療費が高い国などでは無保険で旅行せず、確実に加入するようにしましょう。

 

 

子供や年配者は特に注意

 

子供や年配者の場合はさらに病気やトラブルが起こる確立が高くなりますので、特に注意が必要です。

家族特約が付帯するクレジットカードは、ファミリーで旅行する場合に重宝するでしょう。

 

 

「年会費無料、家族特約、キャッシュレス」が付いたクレカはコレ!

 

初年度年会費無料、海外旅行保険家族特約、キャッシュレスサービスがついたカードはこちらです。

初年度年会費無料ですから、家族と旅行される方に特におすすめのカードです。

 


セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードはこちら

 

三井住友VISAゴールドカードはこちら
VISA


 

 

 

 

海外旅行に最適なクレジットカードまとめ 】

>>>海外旅行保険ナビ

 

 

 

注目記事

▼旅好最強カード▼