エクスペディアが10%off

海外ホテル&海外ツアー世界最安のエクスペディア。さらにお得に予約する方法!
>>>エクスペディア(Expedia)完全ガイド

日本最安!外貨両替ガイド

手数料93%オフ!? 意外に知られていない最もお得な両替方法!
>>>どこりよりもお得に両替する

海外旅行保険が無料!?

持っているだけで海外旅行保険が自動付帯する無料のカードはコレ!
>>>旅行の度に数千円お得

海外旅行”超便利グッズ”

海外旅行に役立つ&持っていきたい「あったら便利」なツールが勢ぞろい!
>>>便利なモノ、集めました

海外旅行でスマホやタブレットを利用しよう!主な利用方法3つを紹介


海外旅行で知っておきたい通信のお話

 

海外でスマートフォンやタブレットを日本と同じように使えれば本当に便利だ(iPhone/iPad)

だけど、何も知らずに日本と同じままの設定で一週間も旅行すれば、数万円の請求が来て顔が青ざめるでしょう。

 

海外では国際電話扱いになるので通話料が高いだけではなく「着信料」もかかってきます。

またパケット定額対象外のため、1日に満額の2,000-3,000円のパケット通信料がかかります。

予算に余裕がある人はそのまま使うのが楽でいいけど、賢いとは言えません。

 

 

「格安」で日本と同じようにスマホで通信する

それでも、スマホやタブレットを旅先でも使いたい!ですよね。

スマホの設定方法から、Wi-fiを使って無料で通信する方法、

ルーターのレンタルやSIMフリーの携帯電話のことまで伝えるね。

 

大きく分けて3パターンあるので紹介しましょう。

1、通話は緊急のみ!Wi-fi(公衆無線LAN)を活用する

2、無線ルーターをレンタルする

3、SIMフリー携帯+現地SIMカードで日本と同じように通信する

 

1、通話は緊急のみ!Wi-fi(公衆無線LAN)を活用する

まずは飛行機の搭乗前に「モバイルデータ」を無効にしましょう。

不安な場合は、空港内にキャリア(ドコモなど)のショップがあるので、営業時間内なら設定をしてもらうのも良いだろう。

この設定をすることで、契約しているキャリアの海外ローミングの料金がかからなくなる。

(※二つ折り携帯<フューチャーフォン/ガラケー>を利用している場合も注意)

 

この状態でも発着信は出来るので、通話料は高いものの、緊急時のために繋がる状態にしておくことをお勧めします。

電話がかかってくるだけではお金はかかりませんが、電話に出ると着信料が発生するので注意しましょう。

緊急時でない通話はWi-Fi環境を使ってアプリで通話すると良いだろう。それについても別に説明する。

 

手順は下記の通り。

1、Wi-Fiの使い方
・基本的に通信料がかからない
・いつでもどこでもネット接続出来るわけではない
・電話やメール、ネット接続を頻繁にしなくても平気な人
旅行客が行くような大体の都市では、空港、駅、カフェ、レストラン、ホテルなど
Wi-Fiが無料で利用出来るところが沢山あるので、どんどん利用しよう。
(※有料サービスのところもある)

Wi-Fiの設定手順

カフェやホテルでパスワードを聞く際は紙とペンを渡して、

「プリーズ テルミー ワイファイパスワード!」とでも伝えよう。笑

 

2、無線ルーターをレンタルする

  • 広い範囲でネット接続が出来る
  • 1日あたり、数百円のレンタル料が発生
  • 仕事などの電話はかかってこないが、いつでもネット接続したい人

国内や渡航先の空港で無線ルーターをレンタルしよう。

無線ルーターが現地の電波を拾うので、ルーターにスマホやタブレットをWi-Fiで接続すればあらゆる場所で通信が出来る。

渡航先の空港でレンタル出来れば移動にかかる余分な日数を借りなくても良いため、費用が安くつく。

とはいっても、国内のレンタル料金も下がってきたため、言葉にあまり自信が無い人は国内でレンタルすると良いだろう。

 

3、SIMフリー携帯+現地SIMカードで通信する

  • 広い範囲で通話や通信が出来る(国際電話は高い場合も)
  • 現地の価格で通話や通信が出来る
  • 2週間以上の滞在や頻繁に海外へ行く人向け

ドコモやソフトバンクから売られているものは、ほぼSIMロックがかかっている。

このお陰で、ドコモのiPhoneにソフトバンクのSIMカードを入れても使えない。

一方、アップル直営店で売られているものや香港版のiPhoneにはSIMロックがかかっていないSIMフリーなんだ。

SIMフリーのiPhoneやスマホなら、ソフトバンクでもドコモでも、渡航先現地のSIMカードも入れられるのだ。

現地のSIMカードを使えれば通信や通話も格安で使えるので、

長期滞在や頻繁に海外へ行く人はSIMフリーの携帯を持っておきたい。

 

SIMフリー機器の一番簡単な入手方法は今ドコモのスマートフォンを持っているなら、

ドコモショップに行けば対応機種であれば3150円の手数料でSIMフリーに出来る。

auやソフトバンクも機種は限られるものの、同様に可能である。

 

それでも持っていない場合は通信販売でも買える。

またタイや香港では通話専用の携帯が3000円くらい、スマホも安いので渡航の際に市場を覗いてみるのも良いだろう。

ただし、iPhoneのような機種の場合、怪しいもの(偽物含)もあるので注意すること。

旅慣れていない限り、お勧めしない。

 

次にSIMカードについてだけど、旅行者が入手出来る国と入手出来ない国がある。

このサイトで全ての国をサポート出来ないので、調べてから行く事をお勧めする。

 

またSIMカードのサイズもフルサイズ、ミニ、マイクロ、ナノと4種類ある。

渡航先によってサイズ変更出来ない場合もあるので、シムカッターを用意することも視野に入れる事。

 

大抵は現地の空港で買えるので、スタッフに滞在日数や目的(通話や通信料)を伝えれば良いだろう。

設定が必要だが、スタッフにスマホを渡せばテキパキとやってくれる。

 

プリペイドになっているため、追加で必要な場合はチャージが必要になる。

設定方法やチャージ方法が多種多様なため、ここで解説出来ないのが残念に思うが、理解して欲しい。